【死亡】居眠り・速度超過で認容額約1億9百万円

HYS | 死亡事故
認容額 1 億 0966万6500円
年齢 50歳
性別 女性
職業 小学校教員
傷病名

頭部外傷(後頭骨骨折,脳挫傷)

判決日 平成26年11月26日
裁判所 東京地方裁判所

交通事故の概要

本件事故は、平成22年8月19日午後3時40分頃、千葉県山武市において発生した。加害者が、加害車両を運転して本件道路を走行中、居眠り状態に陥ったまま時速約60kmで進行し、進行方向左側にある路側帯内側の側溝上を歩行していた被害者の背後に加害車両の左前部を衝突させ、かつ、ブレーキをかけるべきところ、逆にアクセルを踏んで加害車両を加速したため、被害者を跳ね飛ばして街灯の金属製ボックスの角に激突させた上に5m先まで跳ね飛ばして転倒させた。

被害者の事故後の経過

被害者は、本件事故現場から、救急ヘリで病院に搬送されたが、事故から4日後の平成22年8月23日午後8時50分、同病院において、本件事故による頭部外傷が原因で死亡した。

判決の概要

本件事故は、居眠り、速度超過の加害者の車に背後から衝突され死亡した50歳女子の慰謝料を遺族分含み3240万円を認めた事例。

認容された損害額の内訳

治療関係費 173万2167円
逸失利益 6577万4000円
慰謝料 3240万円
看護料 3万 2500円
葬儀費用等 150万円
損害の填補 - 173万 2167円
弁護士費用 996万円

※その他、既払い額や損益相殺がなされ、判決認容額となります。

死亡事故の関連記事

目次に
戻る
TOPに
戻る