加害者居眠り運転で衝突し被害者死亡で8千万円超

HYS | 死亡事故
認容額 8446万9188円
年齢 31歳
性別 女性
職業 保育士
傷病名

肝損傷、腸間膜損傷等

判決日 平成26年9月25日
裁判所 千葉地方裁判所

交通事故の概要

本件事故は、平成23年8月4日午後4時20分頃、千葉県木更津市矢那かずさ鎌足2丁目6番地7先路上において発生した。加害者が車両を運転して、本件事故現場付近を、君津市小糸大谷方面から木更津市かずさ鎌足1丁目方面に向かって時速60ないし70キロメートルで進行中、加害者の車両を対向車線に進出させ、対向車線を走行してきた被害者の同乗する車両前部に、加害者の車両前部を衝突させた。

被害者の事故後の経過

被害者は、本件事故により、被害車両に同乗していた被害者は、肝損傷、腸間膜損傷等の傷害を負い、同日午後7時2分頃、搬送先の病院で、前記傷害に起因する出血性ショックにより死亡した。

判決の概要

本件事故は、被害者が事故直前に保育士として稼働を始めていたこと、家庭内においては家事労働も担っていたこと、事故が加害者の居眠り運転という一方的過失によるものであることを考慮し、死亡慰謝料2500万円を認めた事例。

認容された損害額の内訳

逸失利益 4436万9188円
慰謝料 2500万円
葬儀費用 150万円
遺族固有の慰謝料 600万円
弁護士費用 760万円

※その他、既払い額や損益相殺がなされ、判決認容額となります。

死亡事故の関連記事

目次に
戻る
TOPに
戻る