え?追突事故の慰謝料を弁護士基準で計算してみた結果…

  • 追突事故,慰謝料,弁護士基準
  • 40 | 3857文字

弁護士事務所の掲載順と弁護士の力量とは無関係です。相性を考慮して、ご自身に合った弁護士をお探しください。

今回の調査では、追突事故の慰謝料について調べてみました!

追突事故の被害にあった場合、基本的には被害者の過失はありませんが、一定の場合では被害者の過失が認められる場合もあるようです。

それでは、追突事故の慰謝料について詳しくみていきましょう。

追突事故において被害者がとるべき基本スタンス

追突事故で被害者が注意すべき点はありますか?
追突事故の被害にあったとき、被害者側の過失はゼロになるという基本スタンスを覚えておきましょう。
追突事故は100:0になるのが基本なんですね。

追突事故の特徴

交通事故被害の中でも全体に占める件数が多いのが、追突事故だ。典型的な事故態様として、赤信号による停車中に追突されるパターンや、路上駐車中に追突されてしまうパターンがある。

追突事故では、追突された被害者が事故の衝撃で上半身を大きく揺さぶられた結果、首・肩・背中・腰などにむちうち症状を発症することが多い。

追突事故においては、過失割合の弁護士基準損害額の弁護士基準の両方を押さえておく必要があるようだ。

追突事故では100:0が原則

追突事故の原因としては、追突車の運転手による前方不注視の過失が大半を占める。被害者が道路上で適法に駐停車している限り、被害者が事故の発生原因となることは少ないのだ。

そのため、追突事故における基本過失割合は裁判と保険実務のいずれにおいても、加害者100:被害者0が弁護士基準として扱われている。

追突事故の被害者としては、原則として交通事故について一切過失や責任がないという基本スタンスを理解しておくと良いだろう。

加害者や相手保険会社から理由なく「あなたにも過失がある」と主張された場合、「弁護士基準では原則として100:0になる」という意識で乗り切ろう。

まとめ表
追突事故の特徴 ・大半の事例では被害者に事故発生の原因がない。
・むちうちが発症することが多い。
追突事故の基本スタンス 弁護士基準では100:0になることを原則として交渉する。

追突事故で被害者にも過失が生じる場面とは!?

追突事故で、相手保険会社から1割の過失を主張されました。全く根拠ない主張ですよね?
追突事故でも、駐車場所や駐車方法が不適切な場合には被害者に過失が生じることがあります。
追突事故でも被害者の過失がとられてしまうことがあるんですね!?

追突事故における過失割合の弁護士基準でも、一定の場面では100:0にならず被害者に過失が認められてしまうこともあるようだ。

視界不良

天候不良夜間で街灯のない道路における追突事故の場合、追突車側からは駐停車中の車両を発見することが難しい。

そのため、被害者側に10%の過失を認めて過失割合を修正されることが多い。

駐停車禁止場所

被害者が、道路標識などにより駐停車が禁止されている場所において正当な理由なく駐停車を行っていた場合には、追突事故について被害者側にも過失が認められることになる。

トンネル、カーブの途中、曲がり角、坂道などにおいては追突車が駐停車中の車両を発見するのが難しいためだ。

この場合、被害者側に10%の過失を認める修正を行うことになる。

非常点滅灯の不灯火

夜間の道路における駐停車中の車両は、ハザードランプなど非常点滅灯をつける義務がある。これを怠った場合、被害者側に10%~20%の過失を認める修正がされる。

駐停車方法不適切

道路上に駐停車する場合には、できる限り左端に寄せた上で交通の妨げにならないようにする義務がある(道交法47条)。

狭い道路追越し車線幹線道路などに駐停車した場合には交通の妨げになる危険性が高いため、被害者にも10%~20%の過失が認められることがある。

その他の著しい過失・重過失

被害者が理由なく急ブレーキ操作をしたために、後続車のブレーキが間に合わずに追突してしまった場合には、被害者側にも追突事故を引き起こした原因がある。

また、被害者が駐停車車両を理由なく道路上に放置していた場合にも一定の過失が認められるようだ。

このような場合、個別の事故状況を考慮して被害者側に10%~20%の過失が認められるようだ。

まとめ

100:0が常識と思われがちな追突事故においても、弁護士基準では被害者側にも過失を認めるべき事情が複数存在する。

追突事故だからといって、過失ゼロと甘く考えていると相手保険会社から思わぬ主張に出くわす可能性がある。追突事故こそ、正確な過失割合を弁護士に相談しておく必要性は高そうだ。

まとめ表
概要 被害者の過失
視界不良 天候不良や夜間街灯なしの道路で駐停車 10%
非常点滅灯の不灯火 夜間にハザードランプをつけずに駐停車 10%~20%
駐停車方法が不適切 狭い道路や幹線道路上での駐停車 10%~20%
その他の著しい過失・重過失 理由のない急ブレーキでの停車 10%~20%

追突事故の慰謝料の弁護士基準はいくら!?

追突事故では、どれくらい慰謝料をもらえるんですか!?
追突事故では、むちうち症で6か月程度通院治療する例が多いです。追突事故の慰謝料の弁護士基準を把握しておきましょう。
慰謝料を増額してもらうためには弁護士さんに相談ですね。

追突事故の被害に遭うと、首・肩・背中・腰などにむちうち症状が出ることが多い。酷い場合には椎間板ヘルニアが発症し、神経が圧迫されてしまう事態にもなり得るのだ。

傷害慰謝料の弁護士基準

ただし、むちうち症はレントゲン検査では異常がみられず、痛みやしびれなど自覚症状だけを理由に長期間通院する場合が大半だ。

追突事故では通院6か月程度で終わることが多い。この場合の弁護士基準での慰謝料相場は89万円となる。

ただし、通院の頻度が週2日以下の場合には慰謝料が減額されることがある点に注意が必要だ。詳しくは、慰謝料計算機において弁護士基準を把握すると良いだろう。

後遺障害慰謝料の弁護士基準

追突事故でむちうち症になり、治療終了後も痛みや痺れが残る場合には14級または12級の後遺障害が認定される可能性がある。

弁護士基準では、14級の場合110万円の慰謝料、12級の場合290万円の慰謝料が相場といわれている。

なお、追突事故で後遺症が残った場合、慰謝料以外にも逸失利益が損害額の大半を占めることが多い。逸失利益の計算は意外と複雑なため、正確な金額を把握したい場合は弁護士への無料相談を活用してみよう。

まとめ表
追突事故の特徴 慰謝料
傷害慰謝料の弁護士基準 自覚症状だけで長期間の通院治療 6か月の通院で89万円が慰謝料相場
後遺障害慰謝料の弁護士基準 むちうち症で14級または12級の後遺障害の可能性あり 14級:110万円
12級:290万円

交通事故の解決を弁護士に任せたい

24時間スマホで無料相談予約するなら

いかがだったでしょうか?

この記事をお読みの方には、「え?追突事故の慰謝料を弁護士基準で計算してみた結果…」というテーマに関して、理解を深めていただけたのではないでしょうか。

記事に関連して、もっと知りたいことがある方は、本記事を監修したアトム法律事務所が提供するスマホで無料相談がおすすめです。

こちらの弁護士事務所は、交通事故の無料電話相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから電話相談の案内を受けることができるので、使い勝手がいいです。

電話相談・LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

仕事が終わった後や休日にも、交通事故に注力する弁護士に相談できて、便利ですね。

弁護士に無料相談はこちら

LINE相談のご利用方法はこちら(右上バナーからQRコードを表示)

※無料相談の対象は人身事故のみです。
物損事故のご相談はお受けしておりません。

Can’t speak Japanese? Search English-speaking lawyers on Callmart to find the right professional for you.

こちらは交通事故専門で示談交渉に強い弁護士が対応してくれるので、頼りになります。

交通事故の後遺症で悩み、適正な金額の補償を受けたい、とお考えの方には、特にオススメです!

地元で無料相談できる弁護士を探すなら

弁護士に会って、直接相談したい方には、こちらの全国弁護士検索のご利用をおすすめします。

当サイトでは、交通事故でお悩みの方に役立つ情報をお届けするため、

①交通事故専門のサイトを設け交通事故解決に注力している

②交通事故の無料相談のサービスを行っている

弁護士を特選して、47都道府県別にまとめています。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

頼りになる弁護士ばかりを紹介しているので、安心してお選びください。

何人かの弁護士と無料相談した上で、相性が良くて頼みやすい弁護士を選ぶ、というのもおすすめの利用法です!

まとめ

いかがでしたか?

この記事では、追突事故の慰謝料の弁護士基準についてお届けしました。

当サイト「交通事故の弁護士カタログ」は、他にもお役立ちコンテンツが満載です。

下の関連記事で知識をしっかり身につけ、

24時間対応、土日も受付中のスマホで無料相談

日本全国47都道府県の全国弁護士検索

を活用すれば、今抱えていらっしゃるお困りごとが、解決へと一気に動き出します。

困ってからではなく、困る前でも相談できるのが良い弁護士。

あなたのお困りごと、まずは弁護士に相談してみませんか?

この記事の監修弁護士

岡野武志弁護士

(アトム法律事務所弁護士法人)

第二東京弁護士会所属弁護士。大阪府生。高校卒業後渡米。ニューヨークから帰国後、司法試験に合格し、アトム東京法律事務所を設立。誰もが突然巻き込まれる可能性がある『交通事故』と『刑事事件』に即座に対応するために、全国体制の弁護士法人を構築。年中無休24時間体制で活動を続けている。

慰謝料の関連記事

目次に
戻る
TOPに
戻る