【後遺障害12級】交通事故で後遺症…逸失利益・慰謝料など高額な賠償判例5選

  • RMT
  • 後遺障害,12級,慰謝料
  • 110

弁護士事務所の掲載順と弁護士の力量とは無関係です。相性を考慮して、ご自身に合った弁護士をお探しください。

【後遺障害12級】交通事故で後遺症…逸失利益・慰謝料など高額な賠償判例5選

このページをご覧になっているということは、ご自身またはご家族が交通事故の被害に遭われて、後遺障害等級12級のお怪我を負われたということでしょうか。

もしお怪我を負われたということであれば、心よりお見舞い申し上げます。

まさか、自分が交通事故の被害者に…

そのようなこと、考えてもいなかったと思います。

はじめての非常事態で、今後の賠償や示談に関して、いろいろと分からないことも多いのではないでしょうか。

特に、後遺障害等級12級で受け取れる金額相場計算の方法、後遺症認定との関係など、いまいちよく分からないことが多いですよね。

同じようなお悩み、このサイトにも多く寄せられています。

このページでは、後遺障害等級12級の慰謝料でお悩みの方のお役に立つように、私たち弁護士カタログの編集部が行なった判例調査の結果をまとめてあります。

法律的な部分の解説は、テレビや雑誌でもおなじみの岡野武志弁護士にお願いしています。

回答者:アトム法律事務所の岡野弁護士

よろしくお願いします。

これまで事務所で取り扱った実例と、裁判所が判断した判例にもとづいて、しっかりと解説していきたいと思います。

それでは、後遺障害等級12級で受け取れる金額の相場をみてみましょう!

後遺障害12級の交通事故の慰謝料相場を判例をもとにまとめました!

後遺障害12級の交通事故の慰謝料相場を判例をもとにまとめました!

そもそも交通事故の慰謝料はどうやって決まるの?

交通事故にあった場合、慰謝料がもらえるというのは、ある程度一般的な知識だと思います。

でもちょっと待ってください。

そもそも慰謝料って何なんでしょうか?

後遺障害等級12級の交通事故の慰謝料の決まり方なんて、普通の人はなかなか知らないですよね。

慰謝料の金額がどうやって決まるか、専門家の先生に聞いてみましょう。

回答者:アトム法律事務所の岡野弁護士

慰謝料の計算には、3つの基準があります。

自賠責基準、②任意保険基準、③弁護士基準と呼ばれるものです。

慰謝料の計算方法を自賠責保険の基準に拠るのか、任意保険の基準に拠るのか、弁護士(裁判所)の基準に拠るのかによって①②③の違いが生じます。

慰謝料の計算の基礎になるのは、ケガや後遺障害の程度といった事実関係です。

慰謝料の計算の仕方にもいろいろとあるのですね。

後遺障害等級12級の場合は、これからも後遺症で苦しむであろう未来の分の慰謝料も考慮されるのでしょうか…

交通事故の被害者としては、被害者にとって一番有利な基準を採用して欲しいものです。

簡単に慰謝料の計算をしてみたい方は、以下の「交通事故慰謝料の相場計算機」を試してみてください^^

この相場計算機は、③の弁護士基準を採用するものなので、保険会社が提示する慰謝料よりも大きな金額になる可能性が大きいです!

任意保険基準と慰謝料相場の関係は?

慰謝料の計算には3つの基準があるということが分かりました。

ここで興味があるのは、私たち事故の被害者にとって一番有利な基準はどれなのか?ということですよね。

特に、後遺障害等級12級の交通事故の場合は、これからもずっと重たい後遺症と付き合っていかなければならないので、非常に重要な問題です!

被害者にとって一番有利な慰謝料の基準を教えてください。

回答者:アトム法律事務所の岡野弁護士

裁判所でも採用される弁護士基準が被害者の方にとって一番有利です。

③の弁護士基準は、民事裁判になった時も採用される、一番公平で、かつ公正な基準です。

これに対して、②の任意保険基準は、保険会社が業界で勝手に採用する基準です。

任意保険基準は、支払われる慰謝料などが低くなる点で、被害者にとって不利です。

慰謝料や示談金の増額が可能なのは、弁護士が示談交渉をすることで、②の任意保険基準から③の弁護士基準に慰謝料の計算方法を変えることが可能だからです。

裁判所も採用する弁護士基準が、私たち事故の被害者にとっては一番有利ということなんですね。

弁護士基準だと、民事裁判になったときも採用されるということで、安心ですよね。

慰謝料の計算基準についてより詳しく知りたい方のために、以下に関連ページをまとめておきました。

後遺障害等級12級の慰謝料の金額は?

慰謝料相場や慰謝料計算の一般論についてはよく分かりました。

後遺障害等級12級に特化したポイントは、どのような点になるのでしょう?

回答者:アトム法律事務所の岡野弁護士

ポイントは、交通事故で後遺障害12級の症状が残ったとの認定です。

つまり、適切な等級認定を受けるための戦略が重要になってきます。

なお、12級の症状の中では、12級5号の骨盤骨等の変形障害、12級6号・7号の関節機能障害、12級8号の長管骨の変形障害、12級13号の神経障害の認定件数が比較的多いです。

後遺障害等級12級に該当するケガには、つぎの14パターンがあるようですね。

後遺障害12級
1 一眼の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害を残すもの
2 一眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
3 七歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
4 一耳の耳殻の大部分を欠損したもの
5 鎖骨、胸骨、ろく骨、けんこう骨又は骨盤骨に著しい変形を残すもの
6 一上肢の三大関節中の一関節の機能に障害を残すもの
7 一下肢の三大関節中の一関節の機能に障害を残すもの
8 長管骨に変形を残すもの
9 一手のこ指を失ったもの
10 一手のひとさし指、なか指又はくすり指の用を廃したもの
11 一足の第二の足指を失ったもの、第二の足指を含み二の足指を失ったもの又は第三の足指以下の三の足指を失ったもの
12 一足の第一の足指又は他の四の足指の用を廃したもの
13 局部に頑固な神経症状を残すもの
14 外貌に醜状を残すもの
回答者:アトム法律事務所の岡野弁護士

後遺障害の慰謝料は、等級ごとに相場が決められています。

12級の慰謝料の相場は弁護士基準で290万円とされており、裁判官もこの相場を非常に重視しています。

また、被害者は、被害者請求という手続をとれば、自賠責保険から12級の慰謝料93万円を直接受け取ることができます。

この場合、慰謝料相場との差額約200万円については、加害者か任意保険会社に請求して回収することになります。

なお、被害者が弁護士を立てずに保険会社に慰謝料を請求しても、相場の約3分の1にすぎない100万円の提示しか受けられないことが多いです。

そのため、弁護士に慰謝料の回収を依頼するだけで、慰謝料が3倍程度アップすることがあります。

そうなんですね。

そして、後遺障害12級が認定されると、慰謝料に加えて逸失利益の金額も請求できることになります。

後遺障害12級の認定基準や慰謝料・逸失利益についてより詳しく知りたい方は以下の記事をぜひご覧ください。

後遺障害12級で賠償金額が高い交通事故判例5選

判例から厳選した後遺障害12級の交通事故の慰謝料ランク5選

①障害等級12級(男・37歳)損害額5896万0600円の判例

まず、東京地方裁判所の判決、平成17年(ワ)第10041号・平成17年(ワ)第11761号事件をご紹介します。

医師の男性が、脳挫傷などのケガを負った事故です。

交通事故の基本情報は?
属性 医師
性別
年齢 37歳
事故の内容 被害車が青信号に従い交差点に進入したところ、加害車が赤信号を無視して進入し、被害車の左側面に加害車の前部を衝突させた。
傷害の内容 脳挫傷、肺挫傷、左鎖骨骨折、左腎破裂、慢性硬膜下血腫
後遺障害等級 神経系統の機能又は精神の障害:12級12号、複視:12級
入院 151日
賠償金・慰謝料の基本情報は?
損害総額 5896万0600円
うち慰謝料 840万円
うち休業損害 606万6832円
うち逸失利益 4132万1988円

ざっくりまとめると…

被害者の損害額は総額5896万0600円になりました。

慰謝料としては、傷害慰謝料が340万円、後遺障害の慰謝料が500万円認められました。

休業損害としては、被害者は病院において整形外科医として勤務し、事故前年の給与及び賞与の額は1344万318円であり、246日間の休業を余儀なくされたことが認められ、入院期間である151日間は100%、その他の通院期間である95日間は平均して60%就労できなかったとして算定されました。

逸失利益は、就労可能な30年間にわたり労働能力を20%喪失として、4132万1988円が認められました。

弁護士先生、こちらの医師は神経系統や眼に12級の後遺障害が残ってしまったようですが、この判例のポイントはどのような点になりますか?

回答者:アトム法律事務所の岡野弁護士

本件の被害男性は、医師として年収1300万円以上の収入がありましたので、高額な損害額が認められました。

脳の後遺障害12級と複視の後遺障害12級を合わせると、併合11級という評価がされます。

そこで、判決では、2つの後遺障害による労働への支障を考慮して、12級の標準喪失率を上回る20%の労働能力喪失率を認めました。

②障害等級12級(女・症状固定時34歳)損害額5034万4989円の判例

次に、東京地方裁判所の判決、平成14年(ワ)第16644号事件をご紹介します。

女性が右膝挫傷などのケガを負った事故です。

交通事故の基本情報は?
属性 看護師
性別
年齢 症状固定時34歳
事故の内容 被害者が「いかないで」と車両のドアノブを握ったまま、併走しているにもかかわらず、加害者がそのまま、発進・走行させて被害者を転倒させ、礫過した事故。
傷害の内容 右膝挫傷 右下肢の反射性交感神経性ジストロフィー
後遺障害等級 12級12号(現在の12級13号に相当)
入院 99日
賠償金・慰謝料の基本情報は?
損害総額 5034万4989円
うち慰謝料 620万円
うち休業損害 1464万4249円
うち後遺障害逸失利益 975万7336円

ざっくりまとめると…

被害者の損害額は総額5034万4989円になりました。

慰謝料としては、入院・通院に対する慰謝料が320万円、後遺障害の慰謝料が300万円認められました。

休業損害としては、1464万4249円が認められました。

後遺障害逸失利益としては、基礎年収を627万4460円とし、後遺障害は長期化することが予想されるので、労働能力喪失率は10年間は14%、その後の10年間は10%として算定されました。

弁護士先生、こちらの看護師のかたは右膝痛、右膝の異常知覚等の症状について12級12号(現12級13号)が認定されたようです。

この判例のポイントはどのような点になりますか?

回答者:アトム法律事務所の岡野弁護士

本件は、恋愛関係のもつれから、被害者が「いかないで」と言いながらドアノブを握っていたにもかかわらず、運転手が意に介さず車を発進させてことが事故の原因となりました。

発進する可能性のある車のドアノブを握り続けていた被害者側にも、事故についての過失があったのではないかが大きな争点となりました。

裁判所は、恋愛関係のもつれが背景にある本件において、運転手が被害者の様子を気にすることなく車をそのまま発進させた点を重視し、直ちには過失相殺を認めませんでした。

しかしながら、本件の通院が長期化したことの原因は、本件の背景にあった恋愛関係のもつれが一部影響しているとして、心因的減額として20%の損害を減額する判断を行いました。

③障害等級12級(男・22歳)損害額3597万5829円の判例

3つ目に、東京地方裁判所の民事第27部の判決、平成22年(ワ)44976号事件をご紹介します。

22歳の男性が、右下肢両骨開放性骨折などのケガを負った事故です。

交通事故の基本情報は?
属性 ガソリンスタンド勤務
性別
年齢 22歳
事故の内容 交差点を直進していた被害車両に右折しようとした加害車両が衝突した。
傷害の内容 右下肢両骨開放性骨折など
後遺障害等級 12級7号
入院 145日
賠償金・慰謝料の基本情報は?
損害総額 3597万5829円
うち慰謝料 590万円
うち休業損害 837万7618円
うち逸失利益 1301万4694円

ざっくりまとめると…

被害者の損害額は総額3597万5829円になりました。

慰謝料としては、入院・通院に対する慰謝料が300万円、後遺障害の慰謝料は被害者の後遺障害の内容および程度等に照らして290万円が認められました。

休業損害としては、837万7618円が認められました。

逸失利益としては、基礎収入は男子の学歴計平均賃金である523万0200円、労働能力喪失率は14%、労働能力喪失期間は22歳から67歳までの45年間として算定されました。

弁護士先生、こちらの22歳の男性は、右足関節の機能障害によって後遺障害12級が認定されたそうですが、この判例のポイントはどのような点になりますか?

回答者:アトム法律事務所の岡野弁護士

被害者は症状固定時22歳であり、事故前はガソリンスタンドで勤務しており、年収は約200万円でした。

しかし、20代の若年者の場合、今後給料が上昇していく可能性が高いため、逸失利益の計算においては平均賃金を利用することが一般的です。

本件においても、裁判所は平均賃金である523万円を基礎にして、47年間の長期間にわたる収入の一部喪失を認めました。

④障害等級12級(女・症状固定時37歳)損害額3436万1879円の判例

4つ目に、大阪地方裁判所の判決、平成21年(ワ)第8424号事件をご紹介します。

37歳の女性が外傷性頚部症候群などのケガを負った事故です。

交通事故の基本情報は?
属性 家事専従主婦
性別
年齢 37歳
事故の内容 片側2車線の右側車線を走行中の被害車に左側車線後方から加害車が脇見運転で衝突した。
傷害の内容 外傷性頚部症候群、非器質性精神障害
後遺障害等級 併合12級(非器質性精神障害:12級13号、外傷性頚部症候群:14級9号)
入院 358日
賠償金・慰謝料の基本情報は?
損害総額 3436万1879円
うち慰謝料 510万円
うち休業損害 1033万3888円
うち逸失利益 504万0665円

ざっくりまとめると…

被害者の損害額は総額3436万1879円になりました。

慰謝料としては、入院・通院に対する慰謝料が230万円、後遺障害の慰謝料が280万円認められました。

休業損害としては、平成16年の女性の学歴計全年齢平均賃金350万2200円を基礎収入とし、症状固定日までの1077日間を休業日数として算定されました。

逸失利益としては、基礎収入は平成19年の女性の学歴計全年齢平均賃金である346万8800円、労働能力喪失率は14%、労働能力喪失期間は15年として算定されました。

弁護士先生、こちらの女性は非器質性精神障害として12級が認定されたようですが、事故前にも精神神経科で治療をされていたようですね。

この判例のポイントはどのような点になりますか?

回答者:アトム法律事務所の岡野弁護士

はい、その点が重要なポイントですね。

この女性は事故前にも精神科への通院歴があり、事故がきっかけとなって精神症状が悪化しました。

裁判所は、非器質性精神障害の原因は、女性の事故前の既往症にも大きな原因があるとして、損害額を4割減額する調整を行いました。

⑤障害等級12級(男・51歳、症状固定時58歳)損害額3043万2892円の判例

最後に、大阪地方裁判所の第15民事部の判決、平成23年(ワ)5104号事件をご紹介します。

51歳の男性が、左鎖骨骨折などのケガを負った事故です。

交通事故の基本情報は?
属性 解体業
性別
年齢 51歳(症状固定時58歳)
事故の内容 被害者が道路を直進中、対向車線から路外施設に右折しようとした加害車と衝突した。
傷害の内容 左鎖骨骨折、左第7・8・9肋骨骨折など
後遺障害等級 12級13号
入院 52日
賠償金・慰謝料の基本情報は?
損害総額 3043万2892円
うち慰謝料 741万円
うち休業損害 1423万1418円
うち逸失利益 533万3720円

ざっくりまとめると…

被害者の損害額は総額3043万2892円になりました。

慰謝料としては、入院・通院に対する慰謝料が341万円、後遺障害の慰謝料が400万円認められました。

休業損害としては、基礎収入を430万円として1423万1418円が認められました。

逸失利益は、就労年限までの全期間について平均14%を労働能力喪失率とし、基礎収入は430万円、労働能力喪失期間は12年として算定されました。

弁護士先生、こちらの男性は事故の7年後に症状固定となり、後遺障害12級が認められたようです。

この判例のポイントはどのような点になりますか?

回答者:アトム法律事務所の岡野弁護士

12級13号は、痛みなどの神経症状について、レントゲン画像などにより他覚的所見がある場合に認められます。

本件の男性は、鎖骨骨折に伴い左肩の感覚異常が強いため、その点について12級が認定されました。

一般的に、神経症状による12級については、10年程度で症状が緩和または消失するとの見解のもと、労働能力喪失期間を10年間に限定する運用がみられます。

しかし、本判決は被害男性の痛みの程度が強い点を重視して、67歳まで一貫して労働能力の喪失を認めました。

自分で後遺症慰謝料を計算してみたい

このホームページでは、後遺症慰謝料だけでなく入通院慰謝料も含めた賠償金総額がわかる計算機を設置しています。

入院日数や通院日数、後遺症の等級など数項目を入れるだけで、弁護士基準の賠償金を計算できます。

自分の事故ではどれくらいの金額が請求できるのか…。

登録などは不要なので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

慰謝料計算機

かんたん1分!慰謝料計算機

開く

通院期間などを入れるだけでかんたんに慰謝料の相場がわかる人気サービス!あなたが保険会社から提示されている慰謝料は正しいですか?

慰謝料計算機

慰謝料計算機 通院期間などを入れるだけでかんたんに慰謝料の相場がわかる人気サービス!

慰謝料計算機はこちら

後遺障害等級12級の交通事故慰謝料の無料相談窓口はここだ

後遺障害12級の交通事故慰謝料の無料相談窓口はここだ

後遺障害等級12級の慰謝料の相場のイメージはだいたいつかめたと思います。

相場のイメージはつかめたとしても、実際に気になるのは、まさに自分が巻き込まれた交通事故の慰謝料や逸失利益の金額ですよね。

安心してください^^

交通事故の慰謝料を無料相談できる窓口についてもしっかり調査してあります。

お手元のスマホで電話/メール相談ができる弁護士を探す

交通事故で12級という重たい後遺障害を負った被害者の方にとって、一番使いやすく便利なのは電話相談やメール相談だと思います。

電話OK無料だと、非常に助かりますよね。

スマホから簡単に無料相談する方法としては、こちらがすぐに使えて便利かもしれません。

こちらの弁護士事務所は、交通事故の無料電話相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから電話相談の案内を受けることができるので、使い勝手がいいです。

電話相談・LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

仕事が終わった後や休日にも、交通事故に注力する弁護士に相談できて、便利ですね。

弁護士に無料相談はこちら

LINE相談のご利用方法はこちら(右上バナーからQRコードを表示)

※無料相談の対象は人身事故のみです。
物損事故のご相談はお受けしておりません。

面倒な会員登録なども不要なので、楽ちんスピーディーです。

あなたのお住いの近くに事務所がある弁護士を探す

治療が落ち着いてきたら、実際に弁護士に会って相談したいという方も多いでしょう。

そのような方はこちら。

日本全国から厳選した弁護士を、都道府県や市町村ごとに整理して掲載してあります。

みな、交通事故の専門サイトを持っている弁護士なので安心です^^

口コミ評判も確認することができますよ。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

いろいろな弁護士をチェックして、あなたにピッタリの弁護士が見つかればよいですね^^

まとめ

いかがでしたでしょうか。

交通事故弁護士カタログ編集部による「【後遺障害12級】交通事故で後遺症…逸失利益・慰謝料など高額な賠償判例5選」でした。

保険金や慰謝料の請求はタイミングが大切と聞きます。

保険会社と示談が成立する前に、一度弁護士に無料相談することをおすすめします。

弁護士相談で後遺障害の慰謝料が増額するケースも多いです。

弁護士のスマホ無料相談全国弁護士検索などもあるので、まずは気軽に相談してみましょう^^

この記事の監修弁護士

岡野武志弁護士

アトム法律事務所弁護士法人
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-28 合人社東京永田町ビル9階

第二東京弁護士会所属弁護士。登録番号37890。大阪府生。高校卒業後渡米。ニューヨークから帰国後、司法試験に合格し、アトム東京法律事務所を設立。誰もが突然巻き込まれる可能性がある『交通事故』と『刑事事件』に即座に対応するために、全国体制の弁護士法人を構築。年中無休24時間体制で活動を続けている。

12級の関連記事

後遺障害/慰謝料のまとめ

目次に
戻る
TOPに
戻る