交通事故被害者の弁護士探し|メリットとデメリットを徹底検証

  • 交通事故,被害者,弁護士探し

交通事故被害者の弁護士探し|メリットとデメリットを徹底検証

交通事故の被害にあわれた方にとって、示談交渉をする上で一番のハードルは弁護士探しです。

このページでは、交通事故の被害者側の弁護士探しのポイントについてまとめています。

被害者側の弁護士探しに関するよくあるお悩み

先生、交通事故の被害者の方の相談を受けていて、弁護士探しに関するよくあるお悩みとしてはどのようなものが多いですか?
交通事故に強い弁護士の探し方を知りたいという方が多いですね。
たしかに、私が被害者だったらそれはぜひ知りたいところです!

交通事故によりケガを負ってしまうことは、よくあるトラブルとも思えますが、一人の人間が1年間に人身事故に遭遇する確率はたった0.6%にすぎないという統計もあります。

後遺障害が残るような重傷を負う可能性はさらに大幅に低く、交通事故により人身被害を負う経験はめったにないことだけに、弁護士選びは慎重にいきたいですね。

弁護士探しの悩みとして多いのが、どのようにして弁護士を探し、自分に適した弁護士を選べるかという点です。

スマホによるネット検索で色々なサイトをみて弁護士探しをしても、どの事務所も同じような広告を出していて見分けがつかないという声もよく聞きます。

一生に一度になるかもしれない交通事故を適切に解決に導くためには、自分と相性のよい弁護士を選ぶことが必要不可欠です。そのために必要なポイントをおさらいしていきましょう。

交通事故の弁護士選びの重要性 人身事故に遭う確率は年間で0.6%にすぎない
弁護士選びの悩み 自分に適した弁護士の選び方が分からない
弁護士探しの悩み ネット検索をしても同じようなサイトばかり表示される

被害者はなぜ弁護士を探す必要があるの?

交通事故の被害にあうと、なぜ弁護士をたてなくてはいけないのですか?
交通事故を解決するプロセスで、たくさんの法律問題がからんでくるからです。保険会社は、被害者にとって不利な方向での示談をすすめてくるので、それに対抗する必要があるのです。
弁護士というと遠い存在のような気もしますが、交通事故では必要不可欠な存在なのですね。

弁護士に依頼すれば賠償金はこんなに変わる!

弁護活動で賠償金が2倍に

実は、保険会社は被害者が予想もしないほど低い基準の示談金を提示してきます。

交通事故により日常生活や仕事に大きな支障が出て、今後の生活保障のため必要となる示談金が減らされると、被害者やその家族は事故に遭う前と比べて経済的に苦しい状況に追い込まれてしまうでしょう。

とくに後遺症が残る事故の場合には、弁護士が示談交渉に介入するだけで慰謝料と逸失利益を含めた示談金が2倍以上まで増額することも珍しくありません。

弁護士が代理人として請求するというそれだけで、保険会社は手のひらを返したように増額に応じてくることも多くあります。

被害者の方にとって、この現実は腹立たしいものかもしれませんが、適正な補償を得るためには必ず知っておくべきポイントとも言えます。

こちらは通院期間や後遺障害の有無を入れるだけで、かんたんに弁護士基準の交通事故の慰謝料相場が算出できる自動計算機です。

慰謝料計算機

かんたん1分!慰謝料計算機

開く

通院期間などを入れるだけでかんたんに慰謝料の相場がわかる人気サービス!あなたが保険会社から提示されている慰謝料は正しいですか?

慰謝料計算機

慰謝料計算機 通院期間などを入れるだけでかんたんに慰謝料の相場がわかる人気サービス!

慰謝料計算機はこちら

保険会社が低い示談金を提示する本当の理由

それでは、なぜ保険会社は被害者に対してここまで低い示談金をしめしてくるのでしょうか?

端的にいえば、「示談の内容は当事者間で自由に合意できる」ことが法律上許されているためなのです。

被害者が裁判を起こした場合の補償額よりも示談金額が大幅に下回ろうと、被害者がその金額に納得していれば法律上は全く問題がありません。

保険会社は、この仕組みを逆手にとって被害者の無知をいいことに低い示談金額を提示してきます。

しかし、現在はスマホ化やIT化が進んだ情報化社会。保険会社の提示金額が低すぎることをすぐに理解した上で、対抗策を検討していく必要があります。

保険会社による示談の罠に対抗する手段が一つあります。それは、弁護士に依頼して示談交渉してもらうということです。

弁護士費用が発生しても手取り額は増える?

手取り増加分のイメージ

被害者の方が弁護士に依頼することに二の足を踏むポイントとして「弁護士費用の負担」という要素があります。

  • ・弁護士に依頼したら弁護士費用の分だけ手取り額が減ってしまうのではないだろうか・・・。
  • ・弁護士費用を負担せずに示談金を増額するよい方法はないだろうか?

とくに後遺障害等級が認定される事故においては、弁護士が介入することによる示談金の増額幅は高額になることが多いです。

そのため、一定額の弁護士費用を負担してでも、被害者本人が受け取れる手取り額は大きく増える可能性が高いといえます。

弁護士を入れずに示談金を増額するためには、被害者が本人で裁判やADRの手続きを申し立てる必要があり、知識や時間がない被害者にとってはハードルが高いのが現実です。

弁護士費用を負担してでも弁護士に依頼するメリットが大きいケースは沢山あります。

交通事故に強い被害者側の弁護士の探し方

弁護士の必要性はわかりましたけど、結局どのようにして弁護士を探せばいいのですか?
最も確実なのは、実際に相談してみて自分との相性を確かめてみることです。専門性があり、継続して信頼関係を築いていけそうな弁護士に依頼するのがよいでしょう。
なるほど、百聞は一見にしかずってやつですね!

ネット検索で弁護士を探す際の注意点

交通事故に強い弁護士探しをする上で、最もかんたんで手軽にできる方法は、Googleなどの検索エンジンでネット検索する方法ですよね。

ネット検索をうまく活用すれば、専門性が高く信頼もおける弁護士を探すこともできます。

でも、ネット検索をして上位に表示されるページが良いとは限らないことに注意すべきです。というのは、ネット上にはPPC広告というものが多数展開されていて、広告費をGoogleに支払うことによって上位表示してもらえるためです。

本当に専門性の高い弁護士事務所のサイトであれば、広告費に頼らずに検索上位に表示されているはずなので、ネット検索での弁護士探しをする場合には、広告表示なのか純粋な検索結果なのかを常に意識しておくことが必要ですね。

ネット検索での弁護士探しの注意点 広告表示に惑わされない
純粋に検索上位に表示されるサイトを見分ける
サイトの内容をみて専門性の有無を把握する

弁護士の探し方・見分け方

交通事故に強く、信頼関係を築いていける弁護士を見分けるうえでは、ネット検索はあくまで入口段階にすぎません。

本当の弁護士探しは、そこから実際に弁護士に相談してみる必要があります。相談してみてはじめて、その弁護士の専門性や自分との相性が分かるためです。

複数の弁護士事務所に実際に相談してみて、自分の眼と耳で弁護士を見分けることが大切です。

弁護士カタログで弁護士を探すメリット

このサイトは、被害者の皆さんが弁護士選びの入り口段階で立ち止まらずにスムーズに相談という次のステップに進んでもらうために最適化されたポータルサイトです。
複数の弁護士をチェックして、自分に最も合った弁護士に依頼すれば、交通事故を早期に解決するうえで近道になるはずです。

ぜひ、弁護士カタログを使って弁護士を検索してみてください!

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

交通事故の解決を弁護士に任せたい

24時間スマホで無料相談予約するなら

いかがだったでしょうか?

この記事をお読みの方には、「交通事故被害者の弁護士探し」というテーマに関して、理解を深めていただけたのではないでしょうか。

記事に関連して、もっと知りたいことがある方は、本記事を監修したアトム法律事務所が提供するスマホで無料相談がおすすめです。

こちらの弁護士事務所は、交通事故の無料電話相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから電話相談の案内を受けることができるので、使い勝手がいいです。

電話相談・LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

仕事が終わった後や休日にも、交通事故に注力する弁護士に相談できて、便利ですね。

弁護士に無料相談はこちら

※無料相談の対象は人身事故のみです。
物損事故のご相談はお受けしておりません。

※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

こちらは交通事故専門で示談交渉に強い弁護士が対応してくれるので、頼りになります。

交通事故の後遺症で悩み、適正な金額の補償を受けたい、とお考えの方には、特にオススメです!

地元で無料相談できる弁護士を探すなら

弁護士に会って、直接相談したい方には、こちらの全国弁護士検索のご利用をおすすめします。

当サイトでは、交通事故でお悩みの方に役立つ情報をお届けするため、

  1. ①交通事故専門のサイトを設け交通事故解決に注力している
  2. ②交通事故の無料相談のサービスを行っている

弁護士を特選して、47都道府県別にまとめています。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

頼りになる弁護士ばかりを紹介しているので、安心してお選びください。

何人かの弁護士と無料相談した上で、相性が良くて頼みやすい弁護士を選ぶ、というのもおすすめの利用法です!

まとめ

いかがでしたか?

この記事では、交通事故被害者の弁護士探しについてお届けしました。

交通事故で適正な慰謝料を受け取りたいなら、弁護士への相談が欠かせません。

弁護士に相談すれば、慰謝料が増額する可能性があります。

でも弁護士に相談しないと、保険会社に提示された金額を黙って受け取るしかないのです。

弁護士に相談しなかった結果、本来もらえるはずの金額をもらえなかった…とあとから嘆く方が、どれだけいらっしゃることでしょう。

ただでさえ、交通事故で負ったお怪我で辛い思いをされているのに、そのうえ適正な慰謝料まで受け取れないなんて、本当に辛いですよね。

当サイト「交通事故弁護士カタログ」は、そんな方を少しでも減らすために、日々情報を発信しています。

を活用すれば、今抱えていらっしゃるお困りごとが、解決へと一気に動き出します。

困ってからではなく、困る前でも相談できるのが良い弁護士。

あなたのお困りごと、まずは弁護士に相談してみませんか?

弁護士相談の関連記事