電話で相談したいアナタへ…交通事故を今スグ弁護士に電話相談

  • ADC
  • 交通事故,相談,電話
  • 30

弁護士事務所の掲載順と弁護士の力量とは無関係です。相性を考慮して、ご自身に合った弁護士をお探しください。

悩み顔

仕事の休み時間を使って相談できないか・・・。

怪我の後遺症で外に出るのがつらい・・・。

比較検討の段階で何件も事務所に行くのはしんどい・・・。

このページをご覧のあなたは、このようなことでお悩みではありませんか?

このページでは電話を使った交通事故の無料相談について解説しています。電話相談のメリット・デメリット、対応している弁護士事務所を知りたい方向けの内容です。

電話相談のメリット・デメリット

交通事故を弁護士に相談したいです。
よくある方法は以下の3つです、自分に合った方法を選びましょう。

交通事故を弁護士に相談する場合、よくある方法は以下の3種類でしょう。

  1. 事務所を訪問しての相談
  2. 電話相談
  3. メール相談

ここでは電話相談にスポットを当てて、メリット・デメリットを紹介していきます。

電話相談の3つのメリット

  1. 職場や自宅からでも利用できる
    仕事や家事が忙しい、事故に遭った家族の看病で離れられない。
    あるいは、事故に遭った本人の怪我が治らず外出できない。
    このような悩みを抱えている方には、電話相談が有効です。
  2. 事務所の雰囲気が分かる
    その事務所が丁寧な対応をとっているかを見極めます。
    もちろん電話対応が丁寧だからといって有能な弁護士とは限りませんが、少なくとも電話対応が横柄な事務所には丁寧な仕事は期待できないので依頼は避けるべきでしょう。
  3. 気軽に利用できる
    事務所を訪問し相談室へ通されると、その雰囲気に気圧されて上手く話ができなかったり、聞きたいことをしっかり聞けないまま、何となく断りづらくてその場で契約してしまう。
    自宅からでも気軽に利用できる電話相談であれば、そんな心配はありません。

電話相談の3つのデメリット

  1. 細かく正確な情報のやり取りには不向き
    電話は口頭でのやり取りなので伝えられる情報に限度がありますし、画像などは実物を見てみないとなかなか伝わりません。
    電話をかける前に、聞くべきことや情報の整理をして備えておきましょう。
  2. 時間が限られている
    大多数の電話相談窓口は官民を問わず、事務所の営業時間しか対応できません。
    留守電にメッセージを残す方法もありますが、時間の調整が必要な場面は出てきます。
  3. 記録が残らない
    電話は口頭のやり取りですから、うっかり忘れたり時間が経って後から思い出そうとしても中々思い出せません。
    メモを取りやすくするためにも、事前に質問事項と情報の整理はしておきましょう。
電話メール事務所
外出できない時は?×
事務所の雰囲気は?
自分のペースで利用できる?
情報の正確さは?
いつでも使える?
やり取りの記録は?

交通事故の無料相談の電話窓口

具体的にはどこに電話すればいいんですか?
ネットの検索エンジンを使ったり、このサイトを参考にして探してみましょう。

「交通事故 無料相談 電話」で検索結果上位に出てきた相談窓口を掲載しています。
※平成28年11月現在、重複は除外

この他にも、当サイトを利用することで電話相談を受け付ける交通事故相談窓口が数多く見つかります。

サイト名運営者電話番号
日弁連交通事故相談センター公益財団法人 日弁連交通事故相談センター0570-078325
交通事故無料相談サポート伊倉総合法律事務所03-6432-4940
はじめての交通事故相談アイリス綜合行政書士事務所0120-150-650
交通事故被害者弁護士相談所山本直道法律事務所0120-923-743

〈参照元〉
日弁連交通事故相談センター:http://www.n-tacc.or.jp/number.html
交通事故無料相談サポート:http://traffic-accident.jp/
はじめての交通事故相談:http://www.kurumajiko.com/
交通事故被害者弁護士相談所:http://kotujiko-bengoshi.com/

電話相談の賢い利用法

上記のメリット・デメリットを踏まえた上で電話相談を賢く利用するにはためには、

  1. 状況や症状を伝え、取り扱える事案かどうか確認する
  2. 事務所での相談の前に準備すべき資料や相談内容の打ち合わせに使う

の2点を目的とするのが良いでしょう。

電話相談だけですべて解決というのは現実的には難しいですが、話す内容を絞っての事前確認であれば非常に有効な手段と言えます。

電話相談の前に準備するもの

必須ではありませんが、電話をかける前に以下の内容や有無を確認しておくとスムーズに相談ができるでしょう。

  1. 交通事故証明書、事故状況が分かる図面や写真 
  2. 診断書、後遺障害診断書
  3. 治療費明細書(入通院日数、治療費、通院費のメモなど)
  4. 事故前の収入を証明するもの(給料明細書、休業損害証明書、源泉徴収票・確定申告書の写しなど)
  5. 相手方からの提出書類や、示談交渉をしていれば、その過程
  6. 加害者の任意保険の有無と種類
  7. その他の費用が分かるもの

交通事故の解決を弁護士に任せたい

24時間スマホで無料相談するなら

いかがだったでしょうか?

この記事をお読みの方には、「電話で相談したいアナタへ…交通事故を今スグ弁護士に電話相談」というテーマに関して、理解を深めていただけたのではないでしょうか。

記事に関連して、もっと知りたいことがある方は、本記事を監修したアトム弁護士法人が提供するスマホで無料相談がおすすめです。

こちらの弁護士事務所は、交通事故の無料電話相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから電話相談の案内を受けることができるので、使い勝手がいいです。

電話相談・LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

仕事が終わった後や休日にも、交通事故に注力する弁護士に相談できて、便利ですね。

弁護士に無料相談はこちら

※無料相談の対象は人身事故のみです。
物損事故のご相談はお受けしておりません。

※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

こちらは交通事故専門で示談交渉に強い弁護士が対応してくれるので、頼りになります。

交通事故の後遺症で悩み、適正な金額の補償を受けたい、とお考えの方には、特にオススメです!

地元で無料相談できる弁護士を探すなら

弁護士に会って、直接相談したい方には、こちらの全国弁護士検索のご利用をお勧めします。

当サイトでは、交通事故でお悩みの方に役立つ情報をお届けするため、

①交通事故専門のサイトを設け交通事故解決に注力している

②交通事故の無料相談のサービスを行っている

弁護士を特選して、47都道府県別にまとめています。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

頼りになる弁護士ばかりを紹介しているので、安心してお選びください。

何人かの弁護士と無料相談した上で、相性が良くて頼みやすい弁護士を選ぶ、というのもお勧めの利用法です!

この記事の監修弁護士

岡野武志弁護士

アトム法律事務所弁護士法人
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-28 合人社東京永田町ビル9階

第二東京弁護士会所属。アトム法律事務所は、誰もが突然巻き込まれる可能性がある『交通事故』と『刑事事件』に即座に対応することを使命とする弁護士事務所です。国内主要都市に支部を構える全国体制の弁護士法人、年中無休24時間体制での運営、電話・LINEに対応した無料相談窓口の広さで、迅速な対応を可能としています。

弁護士相談の関連記事