交通事故を依頼する弁護士の探し方はこれ!紹介?ネット?

  • ATMN
  • 交通事故,弁護士,探し方
  • 10

いざ弁護士に依頼するとなっても、弁護士をどのように探して、どのように選べばいいのかよくわかりません。

このページでは、弁護士の探し方と、ネットで弁護士を探す際の注意点などについてまとめました。

弁護士の探し方にはどんな選択肢がある!?

交通事故の弁護士の探し方としてはどのようなものがありますか!?
弁護士の探し方には、ネット検索紹介タウンページなどの選択肢があります。それぞれの特徴に応じて探し方を検討しましょう。
メリット・デメリットを検証して自分にあった方法を見つけることが大事ですね。

弁護士の選び方の選択肢とそれぞれの特徴としては、以下のものが挙げられる。

ネット検索

交通事故に強い弁護士を探す上でまず初めに思いつく方法はネット検索ではないだろうか。スマホも普及しているため、いつでもどこでも弁護士情報を検索することができるからだ。

ネット検索では、情報が極めて豊富というメリットがあるが、逆に情報があふれかえっているため弁護士数が多すぎて選びきれないというデメリットもある。

知人の紹介

弁護士の選び方の中でも伝統的な方法として、知人からの紹介がある。

紹介による弁護士選びは、弁護士の仕事ぶりや人柄をあらかじめ把握できるメリットがある。一方、紹介者の昔からの知人というだけの理由である場合などは、交通事故分野に精通していないリスクがある。

保険会社の紹介

保険会社から弁護士の紹介を受ける場合は、交通事故分野に精通した弁護士である可能性が高い。

しかし、紹介を受けられる弁護士はいわゆる損保弁護士であり、普段は保険会社からの依頼による業務を行っているため被害者側の交通事故に特化しているとはいえない。

タウンページ

タウンページの索引で選ぶ弁護士は、自宅からアクセスしやすいというメリットがある一方、得意分野や人柄、料金体系などを把握できない。

弁護士会や自治体の無料法律相談会

弁護士会や自治体で無料法律相談会を行っていることがある。そこに参加すれば、交通事故分野について無料で弁護士の法律相談を受けられる。

しかし、対応する弁護士が必ずしも交通事故に精通していないことから、適切な弁護士に出会える可能性は低いだろう。

まとめ表
  メリット デメリット
ネット検索 ・情報が豊富
・交通事故に特化した弁護士を探せる
弁護士数が多すぎて選びきれない
知人の紹介 弁護士の仕事ぶりや人柄をあらかじめ把握できる 紹介の質によってはリスクがある
保険会社の紹介 交通事故の知識が豊富である可能性が高い 損保弁護士の可能性がある
タウンページ アクセスしやすい弁護士事務所を探せる 交通事故専門の弁護士を見つけづらい
弁護士会や自治体の無料法律相談会 地元の弁護士と直接対面して話せる 交通事故専門の弁護士を見つけづらい

おすすめの探し方であるネット検索で注意すべき点は!?

ネット検索で弁護士探しをしていると、情報が多すぎてどの弁護士に頼めばいいか分からなくなりました。
漠然とネット検索していると、純粋な検索結果と広告の見分けがつかず混乱する原因になります。ネット検索のポイントを押さえましょう。
なるほど、わたしが混乱した原因は広告を見ていたからなんですね。

交通事故の弁護士の探し方の中で、複数ある選択肢のうち最もおすすめなのがネット検索だ。交通事故の弁護士を探す目的でのネット検索の注意点を調査してみた。

ネット検索の優位性

ネット検索による弁護士選びの利点は、なんといっても情報の豊富さだ。交通事故分野は一般のイメージ以上に専門性が高く、精通した弁護士を選べるかどうかで示談金額にダイレクトに影響する。

ネット検索において適切なポイントを押さえれば、他の弁護士選びの方法と比べて格段に自分に合った弁護士を見つけられる可能性が高まるのだ。

検索結果と広告の区別

ネット検索で弁護士を探すにあたっては、交通事故について最も悩んでいるキーワードで検索してみるべきだ。

検索で上位に表示されたページを閲覧していくことになるが、通常、検索結果の表示ページの上部には広告ページが表示される。広告ページはキーワードに関する検索結果ではないため、混同していまわないように気をつけよう。

広告業者のウェブサイトの判別

交通事故の分野で上位表示されるページのうち、一定の割合で広告業者のウェブサイトが表示される。

広告業者のウェブサイトには複数の弁護士が掲載されており検証できる工夫もなされているが、表示内容が広告料・掲載料に影響されるため適切な検証ができない可能性が高い。

「交通事故に強い」と表示されていても、実際には交通事故に精通していない可能性もあるのであまりおすすめできない。

ウェブサイトを閲覧する際は、必ず法律事務所の運営しているサイトか否かを確認する癖をつけるようにしよう。

ウェブサイトの中で着目すべき点

ウェブサイトの中では、交通事故関連の記事の専門性や分かり易さをチェックすべきだ。

交通事故のトピックに関して具体的かつ説得力のある情報提供がなされていれば、その法律事務所は交通事故に精通しており、依頼者目線で親身に相談に乗ってもらえる可能性が高いからだ。

相談料や弁護士費用については、他の法律事務所のものと検証しながらチェックする必要がある。

一部の法律事務所では、過去の依頼者による感想を「お客様の声」として直筆の手紙を掲載していることもある。その弁護士の仕事ぶりや評判を示すものであるため、十分参考に値するだろう。

まとめ表
  注意点
検索結果と広告の区別 検索結果の中にPPC広告が含まれているが、これに惑わされないように注意
広告業者のウェブサイトの判別 広告業者のウェブサイトは、弁護士の専門性の判別には向かない
ウェブサイトの中で着目すべき点 ・ウェブコンテンツの専門性
・相談料・弁護士費用の妥当性
・お客様の声

有能な弁護士の見分け方は!?

最終的に有能な弁護士さんかどうかを判別するにはどうすればいいですか!?
実際の相談時に複数のポイントで弁護士の能力や人柄をチェックしてみましょう。
弁護士さんも厳しい目でチェックされる立場になるんですね。

弁護士の探し方としてどの方法をとるにしても、最終的には弁護士と面談した上で事件を依頼するか否かを決めることになる。

面談相談において、その弁護士が有能であるか否か、依頼するに値する弁護士であるかどうかを見分けるポイントについて調査してみた。

正確な情報をフォローできるか

交通事故は個別の事案ごとに特有の事情がある。実はどんなに経験のある弁護士であっても、限られた面談相談の場で100%正確な回答を行うことは難しい。

相談時にはあいまいな回答しかできなくても、その後に判例情報などを検索した上で正確な情報をフォローできるかどうかは、その弁護士の能力や仕事に対する姿勢をチェックする上で大切だ。

保険に関する知識があるか

交通事故では、保険に関する知識が非常に重要になる。しかし、交通事故を得意分野として掲げる弁護士の中にも、保険実務に関する知識が不足している場合も少なくないようだ。

任意保険、自賠責保険、人身傷害保険、労災保険などの各保険実務に関する質問を行ってみて、十分な知識があるかどうかを確認してみると良いだろう。

具体的な損害シミュレーションを行えるか

交通事故の示談や裁判の経験が豊富な弁護士であれば、一通りの情報収集を終えた段階で請求可能な損害額の概算シミュレーションを行うことができるはずだ。

示談金の相場などを相談の場で聞いてみて、ある程度の短時間で損害シミュレーションができるかどうかをチェックしてみるのが有効だ。

弁護士費用について明確な説明ができるか

最後に、事件を依頼する上で最も重要な弁護士費用の説明を明確にできるかどうかは大切なポイントだ。

その弁護士の採用する報酬基準の説明だけでなく、弁護士費用特約がある場合には、依頼者に自己負担が生じる可能性があるのか否かなどの説明を受けることが必要だろう。

まとめ表
チェック項目 チェックポイント
正確な情報のフォロー 相談の場であいまいであった情報について、後日の電話やメールで正確な情報がフォローされたか。
保険実務に関する知識 任意保険、自賠責保険、人身傷害保険に関する質問に的確に回答できるか。
損害シミュレーション 短時間で損害額の概算シミュレーションができるか。
弁護士費用の説明 最終的な自己負担額も含めて弁護士費用を明確に説明できるか。

まとめ

本ページでは、交通事故の弁護士の探し方について、探す入口から見分ける出口までを調査した結果を報告した。

交通事故の弁護士選びは骨の折れる作業ではあるが、適切な弁護士を選ぶか否かで最終的に得られる金額や満足感が大きく影響を受ける。労をいとわずに粘り強く自分に合った弁護士を探すように心がけよう。

交通事故の解決を弁護士に任せたい

24時間スマホで無料相談予約するなら

いかがだったでしょうか?

この記事をお読みの方には、「交通事故を依頼する弁護士の探し方はこれ!紹介?ネット?」というテーマに関して、理解を深めていただけたのではないでしょうか。

記事に関連して、もっと知りたいことがある方は、本記事を監修したアトム法律事務所が提供するスマホで無料相談がおすすめです。

こちらの弁護士事務所は、交通事故の無料電話相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから電話相談の案内を受けることができるので、使い勝手がいいです。

電話相談・LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

仕事が終わった後や休日にも、交通事故に注力する弁護士に相談できて、便利ですね。

弁護士に無料相談はこちら

LINE相談のご利用方法はこちら(右上バナーからQRコードを表示)

※無料相談の対象は人身事故のみです。
物損事故のご相談はお受けしておりません。

こちらは交通事故専門で示談交渉に強い弁護士が対応してくれるので、頼りになります。

交通事故の後遺症で悩み、適正な金額の補償を受けたい、とお考えの方には、特にオススメです!

地元で無料相談できる弁護士を探すなら

弁護士に会って、直接相談したい方には、こちらの全国弁護士検索のご利用をおすすめします。

当サイトでは、交通事故でお悩みの方に役立つ情報をお届けするため、

①交通事故専門のサイトを設け交通事故解決に注力している

②交通事故の無料相談のサービスを行っている

弁護士を特選して、47都道府県別にまとめています。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

頼りになる弁護士ばかりを紹介しているので、安心してお選びください。

何人かの弁護士と無料相談した上で、相性が良くて頼みやすい弁護士を選ぶ、というのもおすすめの利用法です!

まとめ

いかがでしたか?

この記事では、交通事故の弁護士の探し方についてお届けしました。

当サイト「交通事故弁護士カタログ」は、他にもお役立ちコンテンツが満載です。

下の関連記事で知識をしっかり身につけ、

24時間対応、土日も受付中のスマホで無料相談

日本全国47都道府県の全国弁護士検索

を活用すれば、今抱えていらっしゃるお困りごとが、解決へと一気に動き出します。

困ってからではなく、困る前でも相談できるのが良い弁護士。

あなたのお困りごと、まずは弁護士に相談してみませんか?

この記事の監修弁護士

岡野武志弁護士

アトム法律事務所弁護士法人
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-28 合人社東京永田町ビル9階

第二東京弁護士会所属弁護士。登録番号37890。大阪府生。高校卒業後渡米。ニューヨークから帰国後、司法試験に合格し、アトム東京法律事務所を設立。誰もが突然巻き込まれる可能性がある『交通事故』と『刑事事件』に即座に対応するために、全国体制の弁護士法人を構築。年中無休24時間体制で活動を続けている。

弁護士相談の関連記事

目次に
戻る
TOPに
戻る