交通事故の慰謝料の計算方法は?弁護士が簡単な計算方法を教えます!

  • 交通事故,慰謝料,計算

弁護士事務所の掲載順と弁護士の力量とは無関係です。相性を考慮して、ご自身に合った弁護士をお探しください。

交通事故の慰謝料ですが、簡単に計算する方法はあるのでしょうか?

このページでは、慰謝料の種類ごとの相場と自動計算ソフトの案内をまとめました。

交通事故の慰謝料の相場は、弁護士による実際の計算方法と違うの!?

交通事故の慰謝料の計算方法を教えてください!
交通事故の慰謝料には明確な相場があります。ただし、あくまで相場にすぎず、実際の慰謝料とは異なることがあるので注意が必要ですね。
なるほど、相場と実際の計算は微妙に違うってことですね!

交通事故の慰謝料には、大きく分けて以下の3種類の慰謝料が存在する。

・傷害慰謝料(怪我の治療による精神的苦痛)
・後遺障害慰謝料(後遺症が残った精神的苦痛)
・死亡慰謝料(死亡したことの精神的苦痛)

傷害慰謝料

傷害慰謝料とは、交通事故で負った怪我の治療のために被った精神的苦痛をお金で補償するものである。入通院の期間によって慰謝料相場が決まることを基本として覚えておこう。

たとえば、入院1か月、通院6か月の場合の傷害慰謝料の相場は149万円となる。ただし、これはあくまで相場であり、弁護士による実際の計算とは異なることがある。

怪我の種類がむちうち症・軽い打撲の場合や、通院頻度があまりに少ない場合にはこれよりも減額されてしまうことに注意が必要だ。

具体的な修正後の計算方法は、以下の表にまとめたとおりだ。

通常の怪我の場合 原則 通院期間により算定
例外 実治療日数の3.5倍程度により算定
むちうち症で他覚症状のない場合 通院期間を限度として、実治療日数の3倍程度により算定

一方、手術の回数が多いなど治療に伴う苦痛が通常より大きい場合には、傷害慰謝料はこれよりも増額されることがある。

後遺障害慰謝料

後遺障害慰謝料は、交通事故によって残った後遺障害による不利益をお金で補償するものだ。

後遺障害には等級があり、自賠責調査事務所という機関で審査される。

そこで認定された後遺障害等級に応じた慰謝料の相場水準がある。たとえば、後遺障害9級に認定された場合の慰謝料は690万円となる。

ただし、これもあくまで相場水準にすぎない。個別の事案における後遺障害の不利益の程度や、被害者の年齢や立場に応じて慰謝料の計算方法は異なることに注意が必要だ。

死亡慰謝料

死亡慰謝料は、被害者の家庭内での立場によって相場が決まる。被害者が一家の支柱の場合は2800万円、母親・配偶者の場合は2500万円、その他の場合は2000万円~2500万円が慰謝料相場となる。

ただし、弁護士による実際の計算では加害者の過失の程度や遺族の悲しみの程度などによって慰謝料額は異なることも覚えておこう。

まとめ表
慰謝料相場 実際の計算方法との比較
傷害慰謝料 入通院期間に対する一定額 怪我の種類や通院頻度、手術の回数によって慰謝料額が変わる
後遺障害慰謝料 後遺障害等級に対する一定額 後遺障害による不利益の程度、被害者の年齢や立場によって慰謝料額が変わる
死亡慰謝料 家庭内での立場に応じた一定額 加害者の過失の程度・反省態度、遺族の悲しみの程度によって慰謝料額が変わる

交通事故の慰謝料相場を、弁護士なしで一瞬で計算する方法とは!?

慰謝料を自力で計算するにはどうすればいいですか!?
慰謝料の自動計算ソフトを活用すれば、ある程度の相場を把握することができます。
一瞬で簡単に慰謝料を計算できるってことですか!?便利な世の中になりましたね。

慰謝料を簡易に計算する必要性

交通事故の慰謝料を正確に計算するためには、相場を理解するだけでは不十分であり、弁護士に計算を依頼する必要があることが分かった。

また、実際に補償を受けられる慰謝料については、裁判をしてみないと正確な金額はわからないことも事実だ。

慰謝料自動計算ソフトのメリット

ただし、交通事故の慰謝料の相場については一瞬で計算する方法がある。それが、慰謝料自動計算ソフトだ。

慰謝料自動計算ソフトでは、入通院日数に基づき日割りで傷害慰謝料の相場を正確に計算することができるのが大きなメリットだ。

後遺障害慰謝料については、等級に基づいた正確な慰謝料を算出できる。さらに、高額になりやすい後遺障害逸失利益の計算も可能だ。

慰謝料自動計算ソフトの注意点

ただし、自動計算ソフトでの算出結果はあくまでシミュレーションにすぎず、怪我の種類、通院頻度により傷害慰謝料には変動がある点に注意が必要だ。

後遺障害の逸失利益についてはあくまで概算にすぎないため、実際の計算結果とは大きく異なる可能性がある点にも注意してほしい。

自動計算ソフトは、保険会社からの示談金提示額と実際の賠償金との大きな開きを実感してもらうことで、弁護士への相談のきっかけになることを目的として公開されている。

正確な慰謝料の計算にあたっては、弁護士に無料相談してみるのがおすすめだ。

まとめ表
慰謝料自動計算ソフトのメリット ・傷害慰謝料の相場を入通院の日割りで計算可能
・後遺障害慰謝料の相場を正確に計算し、後遺障害逸失利益の概算が可能
慰謝料自動計算ソフトの注意点 ・あくまでシミュレーションにすぎない。
・傷害慰謝料は、怪我の種類や通院頻度により金額が変動する
・後遺障害逸失利益の金額は大幅にずれる可能性あり

弁護士が慰謝料を相場より増額して計算すべき場合とは!?

慰謝料の相場と実際にもらえる慰謝料額は、どう違うんですか!?
実際の慰謝料額は相場を参考にして個別事情を考慮して決定されます。とくに裁判を起こす場合には、慰謝料の増額理由に当てはまらないかよく注意しておく必要があります。
分かりました!ただ、相場水準からの増額には裁判という高いハードルがあるってことですね。

これまで報告してきたとおり、交通事故の慰謝料は相場と実際の計算方法とに違いがでることがある。それでは、具体的にどのような場合に慰謝料を相場よりも増額して計算すべきなのだろうか?

怪我の部位が脳・脊髄損傷、内臓破裂などの場合であったり、多数の骨折があったりする場合には慰謝料増額理由になる。

後遺障害慰謝料については、被害者が未成年の場合や、一家の支柱の場合、後遺障害等級では評価されない苦痛がある場合には慰謝料増額理由となることがある。

最終的にどの程度の増額が認められるかは、裁判をやってみないと分からないのが実情だ。

しかし、少しでも適正な慰謝料の補償を受けるために裁判を起こす場合には、このような増額理由についていかに説得力を持たせて主張できるかがポイントになるだろう。

まとめ表
増額理由
傷害慰謝料 ・脳・脊髄の損傷
・多数の箇所にわたる骨折
・内臓破裂を伴う傷害
・その他上記に準じる重症の場合
後遺障害慰謝料 ・被害者が未成年
・被害者が一家の支柱や母親・配偶者である
・後遺障害等級では評価されない苦痛が残る

交通事故の解決を弁護士に任せたい

24時間スマホで無料相談予約するなら

いかがだったでしょうか?

この記事をお読みの方には、「交通事故の慰謝料の計算方法は?弁護士が簡単な計算方法を教えます!」というテーマに関して、理解を深めていただけたのではないでしょうか。

記事に関連して、もっと知りたいことがある方は、本記事を監修したアトム法律事務所が提供するスマホで無料相談がおすすめです。

こちらの弁護士事務所は、交通事故の無料電話相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから電話相談の案内を受けることができるので、使い勝手がいいです。

電話相談・LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

仕事が終わった後や休日にも、交通事故に注力する弁護士に相談できて、便利ですね。

弁護士に無料相談はこちら

LINE相談のご利用方法はこちら(右上バナーからQRコードを表示)

※無料相談の対象は人身事故のみです。
物損事故のご相談はお受けしておりません。

こちらは交通事故専門で示談交渉に強い弁護士が対応してくれるので、頼りになります。

交通事故の後遺症で悩み、適正な金額の補償を受けたい、とお考えの方には、特にオススメです!

地元で無料相談できる弁護士を探すなら

弁護士に会って、直接相談したい方には、こちらの全国弁護士検索のご利用をおすすめします。

当サイトでは、交通事故でお悩みの方に役立つ情報をお届けするため、

①交通事故専門のサイトを設け交通事故解決に注力している

②交通事故の無料相談のサービスを行っている

弁護士を特選して、47都道府県別にまとめています。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

頼りになる弁護士ばかりを紹介しているので、安心してお選びください。

何人かの弁護士と無料相談した上で、相性が良くて頼みやすい弁護士を選ぶ、というのもおすすめの利用法です!

まとめ

いかがでしたか?

この記事では、交通事故の慰謝料の計算方法についてお届けしました。

当サイト「交通事故の弁護士カタログ」は、他にもお役立ちコンテンツが満載です。

下の関連記事で知識をしっかり身につけ、

24時間対応、土日も受付中のスマホで無料相談

日本全国47都道府県の全国弁護士検索

を活用すれば、今抱えていらっしゃるお困りごとが、解決へと一気に動き出します。

困ってからではなく、困る前でも相談できるのが良い弁護士。

あなたのお困りごと、まずは弁護士に相談してみませんか?

慰謝料の関連記事

目次に
戻る
TOPに
戻る