交通事故の慰謝料、任意保険基準で満足してない?実は増額できる方法があるんです!

  • 交通事故,慰謝料,任意保険基準
  • 110 | 7051文字

弁護士事務所の掲載順と弁護士の力量とは無関係です。相性を考慮して、ご自身に合った弁護士をお探しください。

交通事故の慰謝料、任意保険基準で満足してない?実は増額できる方法があるんです!

交通事故の被害に遭ってしまった場合、慰謝料を受け取るために保険会社と交渉することになると思います。

しかし、

任意保険会社から提示された慰謝料金額は適正なのだろうか?

任意保険基準の慰謝料相場はどれくらいなの?

任意保険会社から提示された慰謝料を増額させることは可能なの?

など、わからないこともたくさん出てくると思います。

そのようなお悩みをお持ちの方に向けて!

このページでは、慰謝料の基準について紹介しつつ、その中でも特に任意保険基準にスポットを当てて、慰謝料の相場を見ていきたいと思います。

なお、専門的な解説は、テレビや雑誌でお馴染みの岡野武志弁護士にお願いしています。

回答者:アトム法律事務所の岡野弁護士

よろしくお願いします。

これまで、任意保険基準の慰謝料が適正なのかどうか、たくさんの相談を受けてきました。

それらの経験に基づき、具体例も交えながら、わかりやすく解説していきたいと思います。

車を購入するに当たっては、自動車保険に加入していることが必須ですよね。

でも、もしも事故に巻き込まれてしまった場合、保険会社がどのような補償をしてくれるのかご存知でしょうか?

知らないと損してしまうことがあるかもしれません。

そうならないためにも、まずは慰謝料相場基準に関する基礎知識から一緒に見ていきましょう。

慰謝料増額に向けて知っておきたい基礎知識~3つの慰謝料相場の基準~

慰謝料増額に向けて知っておきたい基礎知識~3つの慰謝料相場の基準~

ところで…ご存知の方も多いかと思いますが、慰謝料基準と言っても、1つだけではないんですよね。

慰謝料には、

自賠責保険に請求する場合

任意保険会社が提示する場合

弁護士が相手側や保険会社に請求する場合

3つの基準が存在しているそうなのです。

最低限の補償「自賠責基準」

自賠責保険会社の慰謝料とは、自賠法に基づく省令により設定されているものです。

自賠法は、交通事故の被害者が最低限の補償を受けるためのものであり、その金額は低く設定されています。

自賠責よりは高い「任意保険基準」

保険会社でも、任意保険会社による慰謝料基準も存在しています。

ただし、任意保険会社は営利企業のため、もちろん少ない金額で済ませたいと考えているハズですよね。

よって、自賠責の基準よりは高いものの、慰謝料の金額は少ないことが多いということです。

最も高い「弁護士基準」

保険会社の基準と検証して、最も高い基準となっているのが、裁判所や弁護士の基準です。

これは、裁判を行った場合や相手側と示談をする場合に用いられる基準のこと。

ただし、自分ひとりで裁判を起こし、相手側と争うのは、どう考えても難しいですよね…。

よって、高額の慰謝料を獲得するためには、弁護士に依頼をして示談や裁判を行うことが必要ということになるのです。

慰謝料金額の基準
自賠責基準 任意保険基準 弁護士基準
内容 交通事故被害者が最低限の補償を受けるためのもの 営利企業の保険会社が支払うもの 裁判や相手側との示談をする場合に用いられるもの
金額 金額は低め 自賠責基準よりは高いが、金額は低め 自賠責基準や任意保険基準よりも高い

ちょっと待って!任意保険基準の慰謝料では少ないかも!!

ちょっと待って!任意保険基準の慰謝料では少ないかも!!

ここまでで、慰謝料の金額は、どの基準を用いるかで差があるということがおわかりいただけたかと思います。

では、ここからは、その中にも任意保険にスポットを当てて詳しく見ていきたいと思います。

大手の保険会社と言えば、就職ランキングでも上位に入る大企業ですよね。

大企業なのだから、交通事故のケガに対する慰謝料も、たくさん払ってくれるハズ…。

そう思っていた方も多いのではないでしょうか??

しかし、大企業だからといって100%信用して良い訳でもないんですね。

交通事故の被害者に冷たい?任意保険基準

保険会社はもちろん利益を上げなければいけません。

利益を上げるためには、保険料を安くして、多くの加入者を増やす必要がありますよね。

しかし、保険料が安いということは、支払える慰謝料も低くなってしまうワケで…。

そのために実は、弁護士をつけていない被害者には、非常に低い慰謝料しか払わないというマニュアルまで存在しているんだとか…。

つまり、保険会社が大手だからといって、慰謝料は高いだろうと安心してはいけないのです。

回答者:アトム法律事務所の岡野弁護士

任意保険基準とは、交通事故の加害者側の任意保険会社が、被害者の方に対して提示する慰謝料の基準です。

任意保険会社は収益を上げるために、加入者を増やす必要があり、保険料を安く抑える必要があります。

そのためには、被害者側に支払う慰謝料も低額に抑える必要があります。

よって、裁判で認められる慰謝料の相場(弁護士基準)と検証すると、大幅に低くなっています。

自賠責保険の慰謝料よりは高いので、そのまま受け入れてしまうところでした…。

弁護士に頼むとケガの慰謝料が大幅に増額の可能性

と、最初から慰謝料という言葉が出てきていますが、慰謝料の中にも内訳がありますよね。

たとえば、交通事故が原因のケガに対しては、入通院慰謝料というものがあります。

その名の通り、ケガの治療のための通院や入院にかかった費用を補償してもらえるものです。

それぞれの期間によって、一定の金額が決まっているとのこと。

ここで、任意保険基準と弁護士基準の慰謝料相場を検証した表がありますのでご覧になってみてください。

通院に対する任意保険基準と弁護士基準の検証
経過月数 任意保険基準 弁護士基準 弁護士基準からの差額
1ヶ月 12.6 28 -15.4
2ヶ月 25.2 52 -26.8
3ヶ月 37.8 73 -35.2
4ヶ月 47.9 90 -42.1
5ヶ月 56.7 105 -48.3
6ヶ月 64.3 116 -51.7
7ヶ月 70.6 124 -53.4

※ 単位:万円

入院に対する任意保険基準と弁護士基準の検証
経過月数 任意保険基準 弁護士基準 弁護士基準からの差額
1月 25.2 53 -27.8
2月 50.4 101 -50.6
3月 75.6 145 -69.4
4月 95.8 184 -88.2
5月 113.4 217 -103.6
6月 128.5 244 -115.5
7月 141.1 266 -124.9

※ 単位:万円

まさか、こんなに違うとは…というほどのがあるんですね。

何も知らない被害者の方は、こんなにも損をしてしまうのかと驚きました。

しかし、弁護士に依頼すれば、弁護士基準に近い慰謝料で交渉してくれる保険会社がほとんどなんだそうです。

そうすれば、慰謝料を大幅アップできますね!

一生残る後遺症…任意保険基準での慰謝料は適正なの!?

ところで、ケガが完治すれば良いですが、後遺症が残ってしまうことも考えられます…。

交通事故で負ったケガのせいで、

関節が曲がらなくなった…

しびれが消えなくなった…

そんな後遺症が残ってしまった場合、それに対する補償もして欲しいですよね!

回答者:アトム法律事務所の岡野弁護士

後遺症が残ってしまった場合、ケガとは別に、後遺症に対する慰謝料も請求することができます。

ただし、被害者の方ご本人だけで保険会社と交渉した場合、任意保険基準の非常に低い金額の慰謝料を提示されることになります。

非常に低いとは、どれほどの差があるのでしょうか。

後遺症の等級は、1級14級まで定められており、等級毎に認定基準が定められているそうです。

ここで、後遺症に対する任意保険基準と弁護士基準の慰謝料相場をまとめた表がありますので、ご覧ください。

後遺症に対する任意保険基準と弁護士基準の検証
後遺症認定等級 任意保険基準 弁護士基準 弁護士基準からの差額
1級 1300 2800 -1500
2級 1120 2370 -1250
3級 950 1990 -1040
4級 800 1670 -870
5級 700 1400 -700
6級 600 1180 -580
7級 500 1000 -500
8級 400 830 -430
9級 300 690 -390
10級 200 550 -350
11級 150 420 -270
12級 100 290 -190
13級 60 180 -120
14級 40 110 -70

※1 単位:万円

※2 旧任意保険支払基準による

これまた、任意保険基準と弁護士基準でこんなに違うなんて!

しかし、後遺症についても、弁護士に依頼すれば、弁護士基準の慰謝料獲得が期待できます。

あと、後遺症の等級によっても大きな差があることにも驚きました…。

等級が1つ違うだけで、50~250万円も金額が変わってしまうようなので、これは見過ごせないですね!

これについても、弁護士に依頼すれば、

主治医への診断書の依頼の仕方

等級認定の申請方法

などについてアドバイスを受けられ、適切な(=より高い)等級が認定される可能性が高まるハズです。

保険に弁護士特約がついていれば、弁護士費用も0円になる場合も多いし、交渉で解決できればそんなに時間もかからない。

弁護士特約については、こちらの記事もご覧になってみてください。

なにはともあれ、ぜひ一度、弁護士に相談することを検討してみてください。

適正な慰謝料の相場を自分で計算するなら

その前に!

この記事を読んで、自分の事故ではどれほどの慰謝料が受け取れるものなのか…。

今すぐに知りたいと思った方も多いのではないでしょうか。

そのような場合、あなたが受け取るべき示談金保険金の目安がわかる、こちらの計算機を使ってみてください。

氏名などの入力や面倒な会員登録等は一切不要です。

慰謝料計算機

かんたん1分!慰謝料計算機

開く

通院期間などを入れるだけでかんたんに慰謝料の相場がわかる人気サービス!あなたが保険会社から提示されている慰謝料は正しいですか?

慰謝料計算機

慰謝料計算機 通院期間などを入れるだけでかんたんに慰謝料の相場がわかる人気サービス!

慰謝料計算機はこちら

入院期間や事故時の年齢など数項目を入れるだけ、1分かからず弁護士基準示談金相場が計算できるので便利です。

慰謝料相場の交渉…一人で悩まず弁護士に相談を!!

慰謝料相場の交渉…一人で悩まず弁護士に相談を!!

弁護士基準の慰謝料を獲得できれば、保険会社から提示された慰謝料よりも大幅に増額する可能性があることはわかりました。

とはいえ、その交渉は自分ひとりでは難しいですよね…。

百戦錬磨の保険担当者と交渉しても、勝ち目がないことはわかります。

弁護士に頼んだ方が良いとは思うけれど、費用も心配だし、なんだか敷居も高い…と思っている方がほとんどではないかと思います。

回答者:アトム法律事務所の岡野弁護士

最近では、無料相談を行っている法律事務所も多いです。

また、任意保険で弁護士費用特約に加入していれば、着手金・報酬を保険会社が負担してくれることも多いです。

無料相談できるのであれば、とりあえず相談だけしてみることができますね。

また、弁護士に依頼すれば、煩雑なやりとりから解放されて、ケガの治療に専念できるのも大きなメリットですね。

まとめ
弁護士に依頼した場合のメリット
弁護士に依頼した場合 弁護士に依頼しない場合
慰謝料の相場 弁護士基準 任意保険基準
慰謝料の金額 任意保険基準よりも大幅にアップ 非常に低い
交渉の手間 保険会社との煩雑なやりとりから解放 保険会社とのやりとりが煩雑でストレスもかかる

とはいえ、弁護士費用について不安をお持ちの方もいらっしゃるハズ…。

こちらの記事では、弁護士費用などがわかりやすくまとめられていますので、良ければご覧になってみてください。

交通事故の慰謝料について弁護士に無料相談したい方はコチラ!

交通事故の慰謝料について弁護士に無料相談したい方はコチラ!

ここまでで、任意保険基準と弁護士基準の慰謝料相場の違いについて理解いただけましたでしょうか。

より適正な慰謝料を獲得するためには、弁護士に相談するのが良いということもおわかりいただけたと思います。

24時間365日今すぐスマホで相談予約したいなら

そんなとき、頼りになるのが、弁護士の無料相談サービス。

こちらの弁護士事務所は、交通事故の無料電話相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから電話相談の案内を受けることができるので、使い勝手がいいです。

電話相談・LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

仕事が終わった後や休日にも、交通事故に注力する弁護士に相談できて、便利ですね。

弁護士に無料相談はこちら

LINE相談のご利用方法はこちら(右上バナーからQRコードを表示)

※無料相談の対象は人身事故のみです。
物損事故のご相談はお受けしておりません。

スマホで無料相談をやっているのは交通事故や事件など、突然生じるトラブルの解決を専門とする弁護士事務所です。

保険会社や裁判所等との交渉ごとに強いので、示談金増額を希望される方には特におすすめです。

地元の弁護士に直接相談したいなら

近くの弁護士に会って直接相談したい方には、こちらの全国弁護士検索をご利用ください。

当サイトでは、交通事故でお悩みの方に役立つ情報をお届けするため、

① 交通事故専門のサイトを設け交通事故解決に注力している

② 交通事故の無料相談のサービスを行っている

弁護士を特選して、47都道府県別にまとめています。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

頼りになる弁護士ばかりを紹介しているので、安心してお選びください。

何人かの弁護士と無料相談した上で、相性が良くて頼みやすい弁護士を選ぶ、というのもおすすめの利用法です。

最後に一言アドバイス

それでは、最後になりますが、交通事故の慰謝料についてお悩みの方に一言アドバイスをお願いします。

回答者:アトム法律事務所の岡野弁護士

交通事故の被害に遭われ、さらに保険会社との交渉で辛い思いをされていることと思います。

そんなときは、迷わず弁護士に相談することをおすすめします。

なぜなら、辛い思いをした分、適正な金額の補償を受けるべきだからです。

しかし、保険会社から示談金を提示され、書類にサインしてしまうと、あらためて慰謝料などを請求することは極めて困難になります。

そうなる前に、ぜひ弁護士無料相談を活用してみてください。

面倒な手続きや交渉などのお力にもなれるはずです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

このページを最後までお読みの方は、

交通事故の慰謝料相場の3つの基準

任意保険基準弁護士基準の違い

慰謝料増額に向けては弁護士に依頼した方が良い

という点について、理解が深まったのではないでしょうか。

今すぐ、弁護士に相談したいと思った方も多いハズです。

自宅から出られない方や、時間のない方は、便利なスマホで無料相談を利用するのがおすすめです!

そうではなく、やっぱり直接会って話がしたいという場合は、全国弁護士検索を使って弁護士を探してみてください。

また、このホームページでは、交通事故の慰謝料に関する関連記事も多数掲載していますので、ぜひ参考にしてください!

皆さまのお悩みが早く解決するよう、お祈りしています。

慰謝料の関連記事

目次に
戻る
TOPに
戻る