知らないと損!交通事故の弁護士費用を相手方に請求する方法は?

  • 交通事故,弁護士費用,請求
  • 30|3685文字

交通事故の解決を依頼するときの弁護士費用ですが、基本的には裁判をおこさない限り、弁護士費用を相手方に請求することはできないようです。

では、弁護士費用を回収するためには、どのような方法があるのでしょうか。ここでは、弁護士費用の請求についての疑問を一つ一つ解消していきましょう

弁護士費用を相手に請求できる場面は!?

交通事故の弁護士費用を相手に請求するにはどうすればいいですか?
弁護士費用を相手に請求するためには、原則として裁判を起こす必要があります。
裁判までしないと相手に請求できないなんて、少しおかしい気がしますが。

交通事故の解決のために、弁護士費用がかかるのは仕方ないけど、何とかして相手に請求できないかという悩みは多いようだ。

交通事故では、相手に弁護士費用を請求できる場合がある。交通事故を解決する方法としては、示談交渉ADR(裁判外紛争処理)、裁判の3種類がある。

このうち、正式に相手に弁護士費用を請求できる方法は裁判だけだ。示談交渉、ADRともに、被害者が自分で弁護士費用を負担しなければならない。

ただし、被害者やその家族が加入する自動車保険に弁護士特約がついている場合には、弁護士費用を保険会社に請求できる。

弁護士費用を請求できる場面としては、裁判を起こす場合と弁護士特約がある場合の2種類があることを基本として理解しておこう。

(まとめ表)
  弁護士特約なし 弁護士特約あり
示談交渉 相手に請求できない 自身の保険会社だけに請求できる
ADR 相手に請求できない 自身の保険会社だけに請求できる
裁判 相手に請求できる 相手と自身の保険会社に請求できる

示談の段階でも加害者本人に弁護士費用を請求できることがある!?

裁判したくない被害者は、弁護士費用を自己負担しないといけないってことですね。
そうです。ただし例外的に、示談の段階でも加害者本人から弁護士費用を払ってもらえることもあります。
そんな方法があるなら、ぜひ教えてください!

被害者は示談の段階で解決しようと思うと、弁護士特約がない限りは弁護士費用を自分で負担しなければならない。

裁判をすると長期化するし手続の負担も重い。そのため、なんとか示談で早期に解決したいという被害者は多い。しかし、弁護士費用の負担を理由に裁判を起こすことも珍しいことではない。

そのような場合でも、交通事故が刑事事件化されている場合には、示談の段階でも加害者本人から弁護士費用相当の賠償を受けられる可能性がある。

というのは、加害者の刑事事件の処分内容は、任意保険以外に加害者の手持ち資産から被害者に賠償したことが重視されることが多いからだ。

よくあるパターンとしては、被害者が寛大な刑罰を望むという嘆願書の作成に協力する代わりに、加害者から示談金の名目で弁護士費用相当額の賠償を受けるケースだ。

加害者が任意保険に加入している場合でも、このような交渉テクニックを利用することで、示談の段階でも弁護士費用を加害者に請求することが可能になることがある。

(まとめ表)
  保険会社との示談 加害者本人との示談
刑事事件あり 請求できない 請求できる可能性中
刑事事件なし 請求できない 請求できる可能性小

裁判では弁護士費用をいくら請求できるの!?

裁判を起こした場合、弁護士費用はいくら請求できるんですか?
裁判では、損害額の約1割分を弁護士費用と認めてもらえます。ちなみに、訴訟費用と弁護士費用は違う意味なので注意が必要です。
損害額が大きくなると、その分もらえる弁護士費用も増えるってことですね。

弁護士費用と訴訟費用の違い

交通事故の被害者が裁判を起こし、最終的に勝訴判決が出ると、弁護士費用訴訟費用の2種類を認めてもらえる。

裁判で認められる弁護士費用は、判決で獲得できる損害額の約1割相当の金額となる。たとえば、1000万円の賠償を獲得できた場合には、弁護士費用として100万円分が賠償に加算してもらえるのだ。

一方、訴訟費用には弁護士の着手金・報酬は含まれない。裁判を起こす際に訴状に貼る印紙代と、郵券という切手代、日当、書面作成費用などが含まれる。

訴訟費用に弁護士費用を含むと勘違いする方も多いようだが、両者は別物と理解しておこう。

弁護士費用 損害額の1割分の着手金・報酬
訴訟費用 ・着手金・報酬を含まない
・印紙代、郵券、日当、書面作成費用

訴訟費用の内訳

訴訟費用の各項目については、「民事訴訟費用等に関する法律」により金額が細かく決められている。

交通事故の裁判で最も高額になりやすいのが、印紙代だ。たとえば、5000万円の裁判を起こすためには、17万円の印紙代がかかることになる。

日当は、弁護士や被害者本人の裁判所への出頭に関して生じるものであるが、1日当たり3950円と低額しか支給されない。

訴状や準備書面などの書面作成費用は、基本額1500円と低額だ。

その他にも訴訟費用については細かいルールがあるが、「訴訟費用には弁護士費用のほとんどは含まれない」という点を押さえておこう。

訴訟費用の種類 基準
印紙代 訴状の請求額に応じた一定額
日当 1日当たり3950円
書面作成費用 基本額1500円。通数加算あり
実費 収入印紙代、郵券

まとめ

結局、弁護士費用を相手に請求するためには、弁護士特約のない場合には裁判を起こすしかないのが原則だ。

ただし、交通事故が刑事事件化している場合は例外だ。加害者本人と直接交渉することにより、民事裁判を起こさなくても弁護士費用相当額を本人に請求し、賠償に応じてもらえることもある。

交通事故の解決を弁護士に任せたい

24時間スマホで無料相談するなら

いかがだったでしょうか?

この記事をお読みの方には、「知らないと損!交通事故の弁護士費用を相手方に請求する方法は?」というテーマに関して、理解を深めていただけたのではないでしょうか。

記事に関連して、もっと知りたいことがある方は、本記事を監修したアトム弁護士法人が提供するスマホで無料相談をご利用ください。

24時間365日、LINEやFacebookで無料相談できます

慰謝料増額のための電話無料相談も、いつでも受け付けているので、便利です。

0120-434-911無料相談する

LINE無料相談する
LINEで友だち登録ができます

facebook無料相談する
直接メッセージが送れます

こちらは交通事故専門で示談交渉に強い弁護士が対応してくれるので、頼りになります。

交通事故の後遺症で悩み、適正な金額の補償を受けたい、とお考えの方には、特にオススメです!

地元で無料相談できる弁護士を探すなら

弁護士に会って、直接相談したい方には、こちらの全国弁護士検索のご利用をお勧めします。

当サイトでは、交通事故でお悩みの方に役立つ情報をお届けするため、

①交通事故専門のサイトを設け交通事故解決に注力している

②交通事故の無料相談のサービスを行っている

弁護士を特選して、47都道府県別にまとめています。

頼りになる弁護士ばかりを紹介しているので、安心してお選びください。

何人かの弁護士と無料相談した上で、相性が良くて頼みやすい弁護士を選ぶ、というのもお勧めの利用法です!

まとめ

いかがでしたか?

この記事では、交通事故の弁護士費用の請求についてお届けしました。

交通事故で適正な慰謝料を受け取りたいなら、弁護士への相談が欠かせません。

弁護士に相談すれば、慰謝料が増額する可能性があります。

でも弁護士に相談しないと、保険会社に提示された金額を黙って受け取るしかないのです。

弁護士に相談しなかった結果、本来もらえるはずの金額をもらえなかった…とあとから嘆く方が、どれだけいらっしゃることでしょう。

ただでさえ、交通事故で負ったお怪我で辛い思いをされているのに、そのうえ適正な慰謝料まで受け取れないなんて、本当に辛いですよね。

当サイト「交通事故の弁護士カタログ」は、そんな方を少しでも減らすために、日々情報を発信しています。

✔下の関連記事で知識をしっかり身につけ、

✔24時間対応、土日も受付中のスマホで無料相談

✔日本全国47都道府県の全国弁護士検索

を活用すれば、今抱えていらっしゃるお困りごとが、解決へと一気に動き出します。

困ってからではなく、困る前でも相談できるのが良い弁護士。

あなたのお困りごと、まずは弁護士に相談してみませんか?

【特集】交通事故の弁護士費用

目次に
もどる