交通事故の入院慰謝料は入院期間で決まるってホント!?他に気を付けるポイントは…

  • 交通事故,入院期間
  • 140|7408文字

弁護士事務所の掲載順と弁護士の力量とは無関係です。相性を考慮して、ご自身に合った弁護士をお探しください。

交通事故の入院慰謝料は入院期間で決まるってホント!?他に気を付けるポイントは…

交通事故で大きなケガを負い、入院することになってしまった場合…。

入院期間が長ければ長いほど入院慰謝料は高くなるの?

むちうちでは慰謝料が低いってホント?

など、聞きたいことがたくさんあるのではないでしょうか。

しかし、誰に相談すれば良いかもわからないし、保険会社との交渉にあたり不安でストレスを感じてしまう方も多いハズです。

そこで今回このページでは、そのような疑問をお持ちの方に向けて、

交通事故による入院期間と入院慰謝料の関係

について、調べてみたいと思います!

なお、専門的な解説は、テレビや雑誌でお馴染みの岡野武志弁護士にお願いしています。

回答者:アトム法律事務所の岡野弁護士

よろしくお願いします。

入院慰謝料の計算には、例外ルールなどもあり、ご自身だけの判断では適正な慰謝料を受け取れない可能性もあります。

交通事故の入院慰謝料に関する相談を受けてきた経験に基づき、具体例も交えながら、しっかりと解説していきたいと思います。

入院期間が長くなればなるほど、日常生活や仕事への支障も大きくなってしまいますよね。

しかし、早く退院してしまうと慰謝料の金額が減らされてしまうのでは…という不安もあったりと、悩みは尽きませんよね。

適正な慰謝料を受け取るためにも、入院期間と入院慰謝料の関係について勉強しておきましょう!

【参考】交通事故による入院期間の平均とは

【参考】交通事故による入院期間の平均とは

その前に、交通事故に遭い何度も入院したことがある…という方はなかなかいらっしゃいませんよね。

よって、交通事故で入院することになってしまった場合、その入院期間平均でどれくらいなのか…知りたい方も多いようです。

至急!交通事故の入院期間をお願いします!!

交通事故で、片腕の軽い骨折と、わき腹付近の縫合手術を受けた場合、入院期間はどれくらいになりますか?

とはいえ、治癒能力は人によって異なりますし、明確に答えることは難しそうですね。

治療期間の目安は「DMK136 」!?

しかし、どうやらDMK136という言葉があるようなのです。

普通なら聞いたことがないという方がほとんどだとは思いますが…。

これは、多くの保険会社の担当者が、治療を打ち切るおおよその目安として持っているものらしいのです。

打撲(D)は1ヶ月、むちうち(M)は3ヶ月、骨折(K)は6ヶ月で治療を打ち切るという目安ということなんですね。

保険会社としては、多くの方がその程度の期間で完治しているため、目安としているのだと思われます。

その間ずっと入院とは限りませんが、入院通院含めて、治療期間の平均値がDMK136程度と思っておいて良いのかもしれません。

もちろん、完治せず、さらに治療が必要な場合には、きちんと対応すれば、打ち切られることなく治療を続けられることがあります。

交通事故の入院期間と慰謝料に関するQ&A

交通事故の入院期間と慰謝料に関するQ&A

①入院期間と慰謝料の関係とは?

では、交通事故で大きなケガを負い、実際に入院しなければならなくなりました。

しかし、入院してしまえば、普段の生活とはかけ離れてしまうことになり、辛い思いをする方が多いようです。

「入院」て、辛いですよね?どう思いますか?

(略)

はい。。。。僕は5ヶ月前に交通事故で両腕が折れて昨日帰ってきたばかりです。友達に会えない、遊べないということが僕には辛かったです。

加害者や保険会社にはそれなりの補償をしてもらわないといけないですよね!

それが入院慰謝料になるワケですが、入院慰謝料の金額はどのように決められているのでしょうか?

回答者:アトム法律事務所の岡野弁護士

入院慰謝料は、入院に要した期間に応じて相場が決まっています。

入院慰謝料は、入院期間が基準となっているのですね。

ケガの程度や場所、手術の有無などで決まるのかと思っていました。

ただし、レントゲンなどで確認できないむちうちなど、軽症のケガで入院した場合には、通常のケガで入院した場合よりも慰謝料の金額が低くなっているそうです。

それぞれの場合の慰謝料の相場が下の表にまとめられていますので、ご覧になってみてください。

入院慰謝料の相場(一部抜粋)
経過月数 通常のケガ むちうち
1ヶ月 53 35
2ヶ月 101 66
3ヶ月 145 92
4ヶ月 184 116
5ヶ月 217 135
6ヶ月 244 152
7ヶ月 266 165
8ヶ月 284 176
9ヶ月 297 186
10ヶ月 306 195
11ヶ月 314 204
12ヶ月 321 211
13ヶ月 328 218
14ヶ月 334 223

※ 単位:万円

ところで、上の表に示されている慰謝料の相場は、弁護士基準のものとなっています。

しかし、被害者の方ご本人だけで保険会社と交渉した場合には、自賠責基準任意保険基準といって、これよりも非常に低い額しか提示されないそうです。

適正な慰謝料を獲得するためには、ぜひ弁護士に相談してみた方が良さそうです!

②やむを得ず入院期間が短くなった場合は慰謝料も減額される?

入院慰謝料は入院期間によるということがわかりました。

しかし、たとえば仕事の都合などで、まだ入院する必要があるにも関わらず退院を早めなければならないケースもあり得ますよね。

その場合、入院期間減に応じて慰謝料も減ってしまうということなのでしょうか?

回答者:アトム法律事務所の岡野弁護士

育児や仕事が理由で、特別に入院期間を短縮した場合には、実際の入院期間に対応する慰謝料相場よりも増額してもらえることがあります。

それは、どうしても仕事を休めないビジネスマンの方や、小さいお子様を持つお母さんには朗報ですね!

では、交通事故で重傷を負って入院した被害者の方が、仕事や育児などの都合で、やむを得ず早めに退院した場合、慰謝料はどのように計算されるのでしょうか?

たとえば、全治入院5ヶ月のケガで入院した場合について教えてもらいましょう。

回答者:アトム法律事務所の岡野弁護士

もしも仕事の都合などで、回復する前に3ヶ月で退院した場合、原則として慰謝料は145万円となります。

ただし、5ヶ月間の入院が必要なケガであることに違いはありません。

よって、3~5ヶ月の慰謝料に相当する145万円~217万円の範囲で、退院を早めた理由早期退院の必要性が考慮されることになります。

しかし、このようなケースについても、被害者ご本人だけで保険会社と交渉した場合、

実際の入院3ヶ月分に応じた慰謝料相場からも大幅に低い75万6000円しか払ってもらえない

そうです…。

やはり、適正な慰謝料獲得に向けては、弁護士に依頼する必要性がありそうです。

適正な示談金の相場を自分で計算するなら

ここまでで、自分の事故ではどれほどの慰謝料が受け取れるものなのか…。

弁護士に相談する前に知りたいと思った方も多いのではないでしょうか。

そのような場合、あなたが受け取るべき示談金保険金の目安がわかる、こちらの計算機を使ってみてください。

氏名などの入力や面倒な会員登録などは一切不要です。

慰謝料計算機

かんたん1分!慰謝料計算機

開く

通院期間などを入れるだけでかんたんに慰謝料の相場がわかる人気サービス!あなたが保険会社から提示されている慰謝料は正しいですか?

慰謝料計算機

慰謝料計算機 通院期間などを入れるだけでかんたんに慰謝料の相場がわかる人気サービス!

慰謝料計算機はこちら

入院期間や事故時の年齢など数項目を入れるだけで、1分かからず弁護士基準示談金相場が計算できるので便利です。

入院の慰謝料請求を弁護士に依頼するメリット

入院の慰謝料請求を弁護士に依頼するメリット

ここまでで、適正な慰謝料獲得に向けては、弁護士に相談した方が良いという話が出てきました。

とはいえ、弁護士に依頼するのはなんだかハードルが高そうだし、弁護士費用も心配ですよね…。

まずは、改めて弁護士に依頼するメリットを見てみましょう。

弁護士相談のメリット①慰謝料大幅アップ

なんと言っても、弁護士に依頼すれば入院慰謝料が大幅にアップできるということでしたね。

というのも、慰謝料には、

自賠責保険に請求する場合

任意保険会社が提示する場合

弁護士が相手側や保険会社に請求する場合

3つの基準が存在しているんです。

自賠責基準

自賠責保険会社の慰謝料とは、自賠法に基づく省令により設定されているものです。

自賠法は、交通事故の被害者が最低限の補償を受けるためのものであり、その金額は低く設定されています。

任意保険基準

保険会社でも、任意保険会社による慰謝料基準も存在しています。

ただし、任意保険会社は営利企業のため、加入者を増やすために保険料を安く設定しています。

その分、被害者の方に支払う慰謝料も少ない金額で済ませたいと考えているハズですよね…。

よって、自賠責の基準よりは高いものの、慰謝料の金額は少ないことが多いということです。

弁護士基準

保険会社の基準と検証して、最も高い基準となっているのが、裁判所や弁護士の基準です。

これは、裁判を行った場合や相手側と示談をする場合に用いられる基準のこと。

ただし、自分ひとりで裁判を起こし、相手側と争うのは、どう考えても難しいですよね…。

よって、高額の慰謝料を獲得するためには、弁護士に依頼をして示談や裁判を行うことが必要ということになるのです。

慰謝料金額の基準
自賠責基準 任意保険基準 弁護士基準
内容 交通事故被害者が最低限の補償を受けるためのもの 営利企業の保険会社が支払うもの 裁判や相手側との示談をする場合に用いられるもの
金額 金額は低め 自賠責基準よりは高いが、金額は低め 自賠責基準や任意保険基準よりも高い

3つの基準がわかったところで、実際の入院慰謝料の金額を見てみましょう。

まず、自賠責保険では、日額4200円の入院慰謝料が支払われます。

任意保険基準と弁護士基準では、入院期間に応じて、以下の表のようになっているようです。

入院慰謝料の相場(一部抜粋)
経過月数 任意保険基準 弁護士基準 任意保険基準との差額
1ヶ月 25.2 53 +27.8
2ヶ月 50.4 101 +50.6
3ヶ月 75.6 145 +69.4
4ヶ月 95.8 184 +88.2
5ヶ月 113.4 217 +103.6
6ヶ月 128.5 244 +115.5
7ヶ月 141.1 266 +124.9
8ヶ月 152.5 284 +131.5
9ヶ月 162.5 297 +134.5
10ヶ月 170.1 306 +135.9
11ヶ月 177.7 314 +136.3
12ヶ月 184 321 +137
13ヶ月 189 328 +139
14ヶ月 192.8 334 +141.2

※1 単位:万円

※2 旧任意保険支払基準を参照

たとえば、入院2ヶ月の場合を見てみましょう。

保険会社が提示する慰謝料は50万4000円ですが、弁護士に交渉を依頼すれば101万円まで増額され、約2倍にもなるんですね!

メリット②面倒な手続きから解放

もし弁護士に依頼しなければ、保険会社とのやりとりを被害者ご本人がすべてやらなければいけません。

入院や通院だけでも大変なのに、保険会社とも交渉しなければならないとなると、精神的な負担は大きいハズです。

また、事故に遭わされた加害者側と話すことにストレスを感じる方もいらっしゃるハズです。

弁護士に相談すれば、保険会社との煩雑なやりとりや面倒な手続から解放され、治療に専念できるようになるでしょう。

メリット③後遺症認定のサポート

また、入院するほどの重傷を負った場合、治療終了後に後遺症が残ることも大いに考えられます。

後遺症は、1級14級まで等級が定められており、等級毎に慰謝料が異なっています。

等級が1つ違うだけで、400万円以上金額が変わってしまうこともあるようです。

これについても、弁護士に依頼すれば、

主治医への診断書の依頼の仕方

等級認定の申請方法

などについてアドバイスを受けられ、適切な(=より高い)等級が認定される可能性が高まるとのことです。

交通事故の慰謝料について弁護士に相談するメリット

① 慰謝料の金額が大幅にアップ

② 全ての交渉を弁護士に依頼することで精神的負担から解放される

③ 適切な後遺症等級認定を受けられる

弁護士費用について心配な方は…

最近は、無料相談を行っている法律事務所も多いです。

また、被害者本人の自動車保険に弁護士費用特約がついていれば、弁護士費用を保険会社に負担してもらえることも多いとのこと。

ぜひ一度、交通事故の慰謝料について弁護士に相談することも検討してみてはいかがでしょうか。

それでもやはり弁護士費用が心配という方は、こちらの記事もご覧になってみてください。

交通事故の弁護士費用についてまとめられています。

交通事故による入院慰謝料について弁護士に無料相談したい方はコチラ!

交通事故による入院慰謝料について弁護士に無料相談したい方はコチラ!

ここまでで、交通事故による入院期間と慰謝料の関係についてご理解いただけましたでしょうか。

弁護士相談のメリットもわかったところで、今すぐに相談したいと思った方もいらっしゃるハズです。

しかし、知り合いに弁護士がいるワケでもないし、誰に頼めば良いのかなんて見当もつきませんよね。

24時間365日今すぐスマホで相談予約したいなら

そんなとき、頼りになるのが、スマホで無料相談サービスです。

こちらの弁護士事務所は、交通事故の無料電話相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから電話相談の案内を受けることができるので、使い勝手がいいです。

電話相談・LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

仕事が終わった後や休日にも、交通事故に注力する弁護士に相談できて、便利ですね。

弁護士に無料相談はこちら

LINE相談のご利用方法はこちら(右上バナーからQRコードを表示)

※無料相談の対象は人身事故のみです。
物損事故のご相談はお受けしておりません。

スマホで無料相談をやっているのは交通事故や事件など、突然生じるトラブルの解決を専門とする弁護士事務所です。

保険会社や裁判所などとの交渉ごとに強いので、慰謝料増額を希望される方には特におすすめです。

お気軽に利用してみてください。

地元の弁護士に直接相談したいなら

近くの弁護士に会って直接相談したい方には、こちらの全国弁護士検索をご利用ください。

当サイトでは、交通事故でお悩みの方に役立つ情報をお届けするため、

① 交通事故専門のサイトを設け交通事故解決に注力している

② 交通事故の無料相談のサービスを行っている

弁護士を特選して、47都道府県別にまとめています。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

頼りになる弁護士ばかりを紹介しているので、安心してお選びください。

何人かの弁護士と無料相談した上で、相性が良くて頼みやすい弁護士を選ぶ、というのもおすすめの利用法です。

最後に一言アドバイス

それでは、最後になりますが、入院慰謝料についてお悩みの方に一言アドバイスをお願いします。

回答者:アトム法律事務所の岡野弁護士

交通事故の被害に遭われ、入院するほどのケガを負い、さらに保険会社との交渉で辛い思いをされていることと思います。

そんなときは、迷わず弁護士に相談することをおすすめします。

なぜなら、辛い思いをした分、適正な金額の補償を受けるべきだからです。

しかし、保険会社から示談金を提示され、書類にサインしてしまうと、あらためて慰謝料などを請求することは極めて困難になります。

そうなる前に、ぜひ弁護士無料相談を活用してみてください。

面倒な手続きや交渉などのお力にもなれるはずです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

このページを最後までお読みの方は、

交通事故入院期間慰謝料の関係

慰謝料増額に向けて弁護士に相談するメリット

について、理解を深めていただけたでしょうか。

しかし、まだわからない点が残っているという方もいらっしゃるかもしれません。

自宅から出られない方や、時間のない方は、便利なスマホで無料相談を利用するのがおすすめです!

そうではなく、やっぱり直接会って話がしたいという場合は、全国弁護士検索を使って弁護士を探してみてください。

また、このホームページでは、交通事故の慰謝料に関する関連記事も多数掲載していますので、ぜひ参考にしてください!

皆さまのお悩みが早く解決するよう、お祈りしています。

慰謝料の関連記事

目次に
戻る
TOPに
戻る