交通事故の示談交渉は弁護士に依頼すべき?期間と弁護士費用がミソ

  • ATMN
  • 交通事故,示談交渉
  • 390

一口に弁護士といっても、どの弁護士に依頼するかによって示談交渉の成果がかわってくることがあるようです。

いい弁護士を見つけるためのポイントや、弁護士とのトラブルを避けるための注意点についてまとめました。

どの弁護士に依頼するかで示談の結果は変わるの?

どの弁護士であっても、弁護士に依頼さえすれば示談の結果は同じじゃないんですか?
いかに示談の段階で裁判基準に近い示談金額で早期に解決できるかについては、弁護士の腕前が試されるところといえます。他の弁護士より効率的に示談できる弁護士に依頼できればベストです。
そんな優秀な弁護士さんを選べる自信がありません。どうすればいいですか?
一度弁護士と面談した上でいろいろと相談してみて、自分との相性を確認してみるといいでしょう。

交通事故の慰謝料や示談金には、任意保険基準弁護士基準裁判基準)があるという話は有名だ。弁護士基準ということばからも分かるとおり、弁護士に依頼して示談交渉すれば、相場水準に近い金額で示談できるのだ。

ただし、各弁護士によって得意分野や仕事のスピード、交渉の粘り強さに差があるため、示談で獲得できる金額や示談にかかる期間に違いが出てくるようだ。

できれば、より効率的に最大限の成果を出す示談交渉ができる弁護士に依頼できればベストだが、相談者の限られた情報からはそのような弁護士を選び出すのには限界がある。

そこで、弁護士選びについては割り切って考えたい。弁護士費用が相場水準でとどまり、親身に相談にのってくれて連絡対応が早い弁護士に依頼すれば妥当な解決は期待できるといえる。

とにかく弁護士選びで悩みすぎるのではなく、早い段階で相談にのってもらえた弁護士と面談や電話で何回かやりとりをしてみて、信頼できそうであれば依頼するという流れで依頼してみるとよいだろう。

まとめ表
依頼したい弁護士 依頼したくない弁護士
得意分野 交通事故に特化している 交通事故の取り扱いが少ない
仕事のスピード スピードがはやい スピードが遅い
交渉スタンス 粘り強い あっさりしている
弁護士費用 相場水準にとどまる 高すぎる
連絡対応 いつでも連絡がとれる なかなか連絡がとれない

弁護士がやってくれることは示談交渉だけじゃないって本当?

弁護士さんに依頼すると、保険会社との示談交渉以外には何をしてくれるんですか?
重傷事案や後遺症の残る事案では、後遺障害の申請のサポートをしてもらえます。この点は弁護士に依頼するうえでの大きなメリットになるでしょう。
交渉だけではなく後遺障害の手続もサポートしてもらえるんだったら、早めに弁護士さんにお願いしたいところです!

交通事故の示談を弁護士に依頼すると、相手保険会社との交渉を代理してもらえるのは当然として、その他にもメリットがある。

その最たるものは、後遺障害の申請にあたってのサポートだ。とくに、後遺障害の申請は最初の段階でいかに効果的な申請ができるかがポイントになる。

むちうち症や高次脳機能障害、精神病などの後遺症の判断が微妙な事案においては、相手保険会社に申請をゆだねるのではなく、被害者請求という手続きを積極的にとっていく必要性が高い。

被害者請求を行うにあたっては、主治医に必要な検査をもれなく実施してもらい、認定基準に沿った後遺障害診断書を作成してもらう必要がある。

さらに、自覚症状や生活状況、事故時の衝撃などを強調して説明するために、弁護士が専門的見地から意見書を作成するとともに、それを裏付ける資料を同時に提出すると、より説得力のある後遺障害申請が可能になるわけだ。

示談交渉についてはどの弁護士でもそれなりの対応は可能だが、効果的な後遺障害の申請を行うにはある程度の経験や実績が必要になる。

弁護士費用を負担して弁護士に依頼するのであれば、被害者請求の方法で後遺障害の申請もあわせて依頼してみるのがおすすめだ。これにより、適正な等級での後遺障害が認定される可能性を高めることができる。

まとめ表
弁護士のサポートあり 弁護士のサポートなし
被害者請求 有利な認定結果の可能性大 有利な認定結果の可能性小
事前認定 有利な認定結果の可能性中 有利な認定結果の可能性小

弁護士に示談交渉を依頼する際の注意点は?

交通事故を弁護士さんに依頼するとなると、いろいろと不安があります。気をつけるべきことはありますか?
弁護士とのトラブルでもっとも多いのが、連絡がつかないということです。依頼する際に、今後の連絡方法をしっかりと決めておきましょう。
依頼したあとで弁護士さんと連絡がとれなくなるなんて事態は絶対にさけたいですね!

一般の方でこれまで弁護士に依頼した経験のある人は少ないのではないだろうか。いざ、交通事故を弁護士に依頼するとなると、様々な不安がつきまとう。

・依頼した弁護士はしっかりと解決まで導いてくれるのだろうか。
・高額な弁護士費用を請求されないだろうか。
・弁護士に対して事案を適切に説明しきれるだろうか。
・ささいな質問を頻繁に弁護士にしても大丈夫だろうか。

たしかに、弁護士に依頼したあとでトラブルが発生する例はある。その原因は、弁護士側にあることもあれば、依頼者側にあることもある。

その多くは、弁護士と依頼者との間のコミュニケーション不足に原因があるようだ。

いつ弁護士に連絡しても事務所を不在にしており、折り返しの連絡もかかってこない。面談しようとしても、そもそもアポをとってくれないなど、弁護士に対する不満は様々だ。

どんな事案であっても、弁護士と依頼者との間の円滑かつスムーズなコミュニケーションが事案の適切な解決のためには必要不可欠だ。いつでも弁護士と連絡がとれる体制を作れるように、依頼する段階で連絡方法を十分に協議しておくことが大切だ。

まとめ表
すぐれた弁護士 よくない弁護士
連絡のタイミング 依頼者と連絡のつきやすい日時に連絡する 仕事中など不適切な時間に連絡する
連絡の頻度 こまめに状況を報告してくれる 状況をほとんど報告しない
連絡の方法 電話、メール、LINEなど適切な方法で連絡 弁護士の都合だけを考えた連絡方法をとる

交通事故の解決を弁護士に任せたい

24時間スマホで無料相談予約するなら

いかがだったでしょうか?

この記事をお読みの方には、「交通事故の示談交渉は弁護士に依頼すべき?期間と弁護士費用がミソ」というテーマに関して、理解を深めていただけたのではないでしょうか。

記事に関連して、もっと知りたいことがある方は、本記事を監修したアトム法律事務所が提供するスマホで無料相談がおすすめです。

こちらの弁護士事務所は、交通事故の無料電話相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから電話相談の案内を受けることができるので、使い勝手がいいです。

電話相談・LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

仕事が終わった後や休日にも、交通事故に注力する弁護士に相談できて、便利ですね。

弁護士に無料相談はこちら

LINE相談のご利用方法はこちら(右上バナーからQRコードを表示)

※無料相談の対象は人身事故のみです。
物損事故のご相談はお受けしておりません。

こちらは交通事故専門で示談交渉に強い弁護士が対応してくれるので、頼りになります。

交通事故の後遺症で悩み、適正な金額の補償を受けたい、とお考えの方には、特にオススメです!

地元で無料相談できる弁護士を探すなら

弁護士に会って、直接相談したい方には、こちらの全国弁護士検索のご利用をおすすめします。

当サイトでは、交通事故でお悩みの方に役立つ情報をお届けするため、

①交通事故専門のサイトを設け交通事故解決に注力している

②交通事故の無料相談のサービスを行っている

弁護士を特選して、47都道府県別にまとめています。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

頼りになる弁護士ばかりを紹介しているので、安心してお選びください。

何人かの弁護士と無料相談した上で、相性が良くて頼みやすい弁護士を選ぶ、というのもおすすめの利用法です!

まとめ

いかがでしたか?

この記事では、交通事故の示談交渉についてお届けしました。

当サイト「交通事故弁護士カタログ」は、他にもお役立ちコンテンツが満載です。

下の関連記事で知識をしっかり身につけ、

24時間対応、土日も受付中のスマホで無料相談

日本全国47都道府県の全国弁護士検索

を活用すれば、今抱えていらっしゃるお困りごとが、解決へと一気に動き出します。

困ってからではなく、困る前でも相談できるのが良い弁護士。

あなたのお困りごと、まずは弁護士に相談してみませんか?

この記事の監修弁護士

岡野武志弁護士

アトム法律事務所弁護士法人
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-28 合人社東京永田町ビル9階

第二東京弁護士会所属弁護士。登録番号37890。大阪府生。高校卒業後渡米。ニューヨークから帰国後、司法試験に合格し、アトム東京法律事務所を設立。誰もが突然巻き込まれる可能性がある『交通事故』と『刑事事件』に即座に対応するために、全国体制の弁護士法人を構築。年中無休24時間体制で活動を続けている。

示談の関連記事

目次に
戻る
TOPに
戻る