後遺症認定と金額一覧表|等級ごとの慰謝料|労災と交通事故(自賠責)

  • UMZ
  • 後遺症,等級,金額
  • 30

この記事の内容をまとめると以下の通りです。

事故で後遺症が残った場合に、労災から受け取れる損害賠償は「障害(補償)給付」「障害特別金」「障害特別支給金」の3つ、自動車保険から受け取れる損害賠償は「慰謝料」「逸失利益」の2つ

自賠責からの損害賠償の金額は、認定される後遺症等級1級~14級に応じて75万円~4000万円と異なる

任意保険からの後遺症慰謝料の金額は、たとえば14級の場合、保険会社の基準(40万円)と弁護士を付けた場合(110万円)では2倍以上異なる

後遺症が残った場合の等級や、支払われる金額について知りたい方は、ぜひご一読ください。

岡野武志弁護士
交通事故と刑事事件を専門とするアトム法律事務所の代表弁護士。

交通事故や仕事中の事故などが原因で後遺症が残ってしまった場合、慰謝料や損害賠償を受け取るためには等級の認定を受ける必要があります。

後遺症の等級は、1級~14級に分けられており、症状が重いほど数字の小さい等級が認定されることになります。

労災自賠責における等級認定基準については、こちらをご覧ください。

労災と自賠責における等級認定基準
1 2 3
4 5 6
7 8 9
10 11 12
13 14

また、等級認定の申請方法については、こちらの記事をご覧ください。

労災で後遺症が残った場合の等級に応じた損害賠償の金額

労災で後遺症が残った場合の等級に応じた損害賠償の金額

ではまず、後遺症が残った場合に労災から支払われる損害賠償の金額について見てみましょう。

後遺症等級1級~14級に対して労災から支払われる金額

労災で後遺症の等級が認定された場合、等級に応じて、

障害(補償)給付

障害特別金

障害特別支給金

のすべてを受け取れることになります。

そして、それぞれの金額は以下の通りです。

労災からの後遺症の等級に応じた損害賠償金額(1級~7級)
後遺症
等級
①障害特別
支給金
②障害(補償)給付
③障害特別金
1 342万円 ②給付基礎日額
③算定基礎日額
×313日分
2 320万円 ②給付基礎日額
③算定基礎日額
×277日分
3 300万円 ②給付基礎日額
③算定基礎日額
×245日分
4 264万円 ②給付基礎日額
③算定基礎日額
×213日分
5 225万円 ②給付基礎日額
③算定基礎日額
×184日分
6 192万円 ②給付基礎日額
③算定基礎日額
×156日分
7 159万円 ②給付基礎日額
③算定基礎日額
×131日分

※ ①は一時金、②~③は年金として支給。

労災からの後遺症の等級に応じた損害賠償金額(8級~14級)
後遺症
等級
①障害特別
支給金
②障害(補償)給付
③障害特別金
8 65万円 ②給付基礎日額
③算定基礎日額
×503日分
9 50万円 ②給付基礎日額
③算定基礎日額
×391日分
10 39万円 ②給付基礎日額
③算定基礎日額
×302日分
11 29万円 ②給付基礎日額
③算定基礎日額
×223日分
12 20万円 ②給付基礎日額
③算定基礎日額
×156日分
13 14万円 ②給付基礎日額
③算定基礎日額
×101日分
14 8万円 ②給付基礎日額
③算定基礎日額
×56日分

※ 全て一時金として支給。

障害(補償)給付、障害特別金の算出に必要な給付基礎日額算定基礎日額は、以下のように算出されます。

給付基礎日額・算定基礎日額とは
給付基礎日額
原則として、労働基準法の平均賃金に相当する金額のこと。
平均賃金とは、直前3ヶ月間に支払われた賃金の総額(ボーナスや臨時に支払われる賃金を除く)を日数で割った1日当たりの賃金額のこと。
算定基礎日額
原則として、事故前1年間に労働者が事業主から受けた特別給与(ボーナスなど3ヶ月を超える期間ごとに支払われる賃金)の総額(給付基礎年額)を365で割った金額のこと。
特別給与の総額が給付基礎年額を上回る場合には、給付基礎年額の20%に相当する金額とする。(150万円限度)

労災の後遺症等級認定などについて詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧になってみてください。

交通事故で後遺症が残った場合の等級に応じた損害賠償の金額

交通事故で後遺症が残った場合の等級に応じた損害賠償の金額

次に、交通事故が原因で後遺症が残った場合に支払われる損害賠償の金額について見てみましょう。

交通事故が原因で後遺症が残った場合には、等級に応じて、

慰謝料

逸失利益

を受け取れることになります。

後遺症等級1級~14級に対して自賠責から支払われる金額

交通事故で後遺症等級が認定された場合、まずは自賠責保険が適用となります。

自賠責保険とは、自動車やバイクを運転する方に加入が義務付けられている保険です。

回答者:アトム法律事務所の岡野弁護士

ただし、あくまでも事故被害者の方への最低限の補償を目的とした保険となっています。

よって、後遺症に対する損害賠償(慰謝料+逸失利益)の限度額は、等級に応じて75万円~4000万円までとなっています。

具体的な等級ごとの限度額は以下の表のようになるそうです。

逸失利益の計算に必要となる労働能力喪失率も等級ごとに示してありますので、併せてご覧になってみてください。

※ 等級ごとの後遺症の限度額と労働能力喪失率
後遺症等級 限度額 労働能力喪失率
1
(別表第1
4000万円 100
2
(別表第2
3000万円
1
(別表第2
2
(別表第2
2590万円
3 2219万円
4 1889万円 92
5 1574万円 79
6 1296万円 67
7 1051万円 56
8 819万円 45
9 616万円 35
10 461万円 27
11 331万円 20
12 224万円 14
13 139万円 9
14 75万円 5

ちなみに、逸失利益は以下のような計算式で計算されます。

(基礎収入)×(労働能力喪失率)×(労働能力喪失期間に対応する中間利息控除係数)

計算式のそれぞれの項目についてより詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧になってみてください。

後遺症等級1級~14級に対して任意保険から支払われる金額

以上のように、限度額が定められている自賠責保険。

その自賠責保険ではカバーしきれない損害を補償するための保険として、任意保険というものがあります。

加害者側が任意保険に加入している場合には、自賠責の限度額を超える分について補償を受けることができます。

任意の自動車保険と自賠責の関係

ただし、慰謝料については、任意保険基準弁護士基準というものが存在しています。

慰謝料金額の基準
任意保険基準 弁護士基準
内容 営利企業の保険会社が支払うもの 弁護士を付けて裁判や相手側との示談をする場合に用いられるもの
金額 自賠責基準よりは高いが、金額は低め 自賠責基準や任意保険基準よりも高い

そして、任意保険基準と弁護士基準の金額の差は以下のようになっています。

参考として、自賠責における慰謝料単体での限度額についても示しました。

等級ごとの後遺症慰謝料(単位:万円)
後遺症等級 自賠責基準※1 任意保険基準※2 弁護士基準
1 1100
1600
1300 2800
2 958
1163
1120 2370
3 829 950 1990
4 712 800 1670
5 599 700 1400
6 498 600 1180
7 409 500 1000
8 324 400 830
9 245 300 690
10 187 200 550
11 135 150 420
12 93 100 290
13 57 60 180
14 32 40 110

※1 被扶養者がいる場合や要介護の場合には金額が異なるケースがある。

  ()内は要介護の場合の金額。

※2 旧任意保険支払基準による。

一目瞭然ですが、後遺症慰謝料に関しては、弁護士基準での慰謝料を獲得するべきですよね。

また、逸失利益についても、任意保険はその計算方法の各項目の数字を低く抑えることで、結果的に金額を低額にすることがあるそうです。

被害者の方ご本人だけで保険会社と交渉しても、低い金額しか提示してもらえないことがほとんどです。

一方、弁護士に依頼して保険会社と交渉してもらえば、支払われる金額が大幅増額することがほとんどです。

適正な損害賠償金額を獲得するためにも、ぜひ弁護士に相談してみてください!

後遺症等級ごとの慰謝料金額について弁護士に無料相談したい方はコチラ!

後遺症等級ごとの慰謝料金額について弁護士に無料相談したい方はコチラ!

以上、労災や交通事故による怪我で後遺症が残ったときに、等級ごとに支払われる損害賠償の金額について理解を深めていただけたでしょうか。

適正な金額を受け取るためには、弁護士に相談した方が良いかも…と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、弁護士の知り合いなんていないし、全国に約4万人いる弁護士の中から、誰に相談すれば良いのかなんてわかりませんよね。

今すぐスマホで相談したいなら

そんなときは、お手元のスマホで弁護士に無料相談してみることができます

24時間365日、専属スタッフが待機するフリーダイヤル窓口が設置されているので、いつでも電話できるのは非常に便利ですね。

また、夜間土日も、電話やLINEで弁護士が無料相談に順次対応しているので、会社が終わった後や休日にも弁護士と無料相談できます!

弁護士に無料相談はこちら

LINE相談のご利用方法はこちら(右上バナーからQRコードを表示)

※無料相談の対象は人身事故のみです。
物損事故のご相談はお受けしておりません。

スマホで無料相談をやっているのは交通事故や事件など、突然生じるトラブルの解決を専門とする弁護士事務所です。

きっと、被害者の方が取るべき対応について、適切なアドバイスをしてくれるはずです。

地元の弁護士に直接相談したいなら

スマホを持っていない場合など、直接弁護士と会って相談されたいという方も当然いらっしゃると思います。

また、既に弁護士へのご依頼を決めていて、交通事故に強い地元の弁護士をお探しの方もいらっしゃるかもしれません。

そんなときには、以下の全国弁護士検索サービスがおすすめです。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

① 交通事故専門のサイトを設け交通事故解決に注力している

② 交通事故の無料相談のサービスを行っている

弁護士を特選して、47都道府県別にまとめています。

何人かの弁護士と無料相談したうえで、相性が良くて頼みやすい弁護士を選ぶ、というのもお勧めの利用法です。

回答者:アトム法律事務所の岡野弁護士

まずは、医師の診断を受け、じっくり療養し、お大事になさってください。

それでも残念なことに、事故による後遺症が残ってしまった場合は、弁護士に相談することをお勧めします。

なぜなら、日常生活に支障が及ぶような後遺症が残るような場合、適正な金額の補償を受けるべきだからです。

しかし、保険会社から提示された損害賠償金に合意し、書類にサインしてしまうと、あらためて慰謝料などを請求することは極めて困難になります。

そうなる前に、ぜひ弁護士無料相談を活用してみてください。

面倒な手続きや交渉などのお力にもなれるはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

最後までお読みいただけた方には、

仕事中の事故で後遺症が残った場合に、労災から支払われるの等級に応じた損害賠償の金額

交通事故で後遺症が残った場合に、自賠責任意保険から支払われる等級に応じた損害賠償の金額

について、理解を深めていただけたのではないかと思います。

適正な金額を受け取るためには、弁護士に相談した方が良いと感じた方もいらっしゃるかもしれません。

自宅から出られない方や、時間のない方は、便利なスマホで無料相談を利用するのがおすすめです!

そうではなく、やっぱり直接会って話がしたいという場合は、全国弁護士検索を使って弁護士を探してみてください。

また、このホームページでは、後遺症の等級や損害賠償の金額に関するその他関連記事も多数掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください!

後遺症の等級と慰謝料金額についてのQ&A

労災で後遺症が残った場合どうすれば?

交通事故や仕事中の事故などが原因で後遺症が残ってしまった場合、慰謝料や損害賠償を受け取るためには後遺障害等級の認定を受ける必要があります。労災で後遺症の等級が認定された場合、等級に応じて「障害(補償)給付」「障害特別金」「障害特別支給金」のすべてを受け取れることになります。 労災で後遺症が残った場合の損害賠償金額

自賠責からの損害賠償の金額は?

自賠責保険の後遺症に対する損害賠償(慰謝料+逸失利益)の限度額は、認定される後遺症等級1級~14級に応じて75万円~4000万円までとなっています。交通事故で後遺障害等級が認定された場合、まずは自賠責保険が適用となります。自賠責保険とは、自動車やバイクを運転する方に加入が義務付けられている保険ですが、あくまでも事故被害者の方への最低限の補償を目的とした保険となっています。 自賠責から支払われる金額

任意保険基準と弁護士基準で慰謝料は変わる?

弁護士基準は、自賠責保険基準や任意保険基準に比べて2~3倍も高くなっています。弁護士が代理で保険会社と交渉すれば、支払われる金額が大幅に増額することがほとんどです。弁護士に依頼することで、妥当な慰謝料を請求することできます。また、多くの書類の作成や保険会社との交渉は、事故に遭われた方にとって非常に大きな負担になってしまいます。弁護士などに相談することをおすすめします。 任意保険から支払われる金額

この記事の監修弁護士

岡野武志弁護士

アトム法律事務所弁護士法人
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-28 合人社東京永田町ビル9階

第二東京弁護士会所属弁護士。登録番号37890。大阪府生。高校卒業後渡米。ニューヨークから帰国後、司法試験に合格し、アトム東京法律事務所を設立。誰もが突然巻き込まれる可能性がある『交通事故』と『刑事事件』に即座に対応するために、全国体制の弁護士法人を構築。年中無休24時間体制で活動を続けている。

後遺障害の関連記事

目次に
戻る
TOPに
戻る