弁護士費用特約を使うと保険の等級がダウンするという噂は本当?

  • ATMN
  • 弁護士費用特約,等級
  • 30

弁護士事務所の掲載順と弁護士の力量とは無関係です。相性を考慮して、ご自身に合った弁護士をお探しください。

弁護士費用特約を利用すると保険の等級が下がってしまうという噂がありますが、これは本当でしょうか?

また、どのように保険の等級は上下するのでしょうか?

ここでは、そんな疑問を一つ一つ解消していきましょう。

自動車保険のノンフリート等級制度とは!?

自動車保険の等級制度とはどういうものですか!?
自動車保険には20段階の等級制度があります。各等級に応じて保険料の割引や割増が適用されます。
分かりました。わたしは1級を目指しますね!

ノンフリート等級制度とは

自動車保険には、各保険会社に共通する制度としてノンフリート等級というものがある。法人が契約する自動車保険をフリート契約といい、個人の契約はノンフリート契約と呼ぶことに由来している。
各等級に応じて、保険料の割引や割増の適用があるそうだ。

20段階の等級がある

自動車保険の等級は20段階に分かれている。自動車保険をはじめて契約する場合には、6等級から開始する。

4等級から20等級までは保険料の割引が適用されるが、1等級から3等級までは保険料が割増になる。

事故あり等級と事故なし等級

等級が同じであっても、最近3年間の事故歴があるか否かによって、保険料の割引・割増の基準が異なる。
たとえば、11等級であっても、無事故契約の場合には47%の割引率だが、事故あり契約の場合には25%の割引率にとどまるのだ。

等級のアップとダウン

ノンフリート等級は、無事故の期間が1年増えるごとに1等級ずつアップしていく。
一方、交通事故や自損事故で保険を適用した場合には、3等級ダウンすることになる。天災や車へのいたずら被害、飛び石被害などで保険を適用した場合は1等級ダウンする。

まとめ表
3年以内の事故あり 3年以内の事故なし
1~3等級 割増率 高 割増率 低
4~20等級 割引率 低 割引率 高

弁護士費用特約を利用すると等級はどうなる!?

弁護士費用特約を使うと、等級は下がるんですか!?
弁護士費用特約だけを利用するのであれば、等級には全く影響ありません
安心しました!これで弁護士さんを気兼ねなく雇えますね!

交通事故被害にあった場合に弁護士費用特約を利用した場合に、ノンフリート等級にどのような影響があるのか調査してみた。

弁護士費用特約だけを利用する場合には、いわゆる「ノーカウント事故」として等級には影響しないようだ。

一方、自動車に搭乗中の事故の多くは、こちらにも一定の過失があることが多い。

その場合に、相手に与えた損害について対物・対人賠償保険を利用したときや、自車の修理費用について車両保険を利用したときに等級が下がることは避けられない。

弁護士費用特約を利用して相手方と交渉する場合、相手に生じた損害について保険を利用するのか、示談のときに相殺して処理するのかの選択肢がある。

これについては、保険利用に伴う等級低下により、次年度以降の保険料負担が増加する点も勘案して対応を検討することになるだろう。

まとめ表
等級に与える影響
弁護士費用特約のみを利用 等級は従前のまま
弁護士費用特約+賠償保険または車両保険を利用 ・3等級ダウン
・3年間は「事故あり等級」になる

過失がある事故でも弁護士費用特約を使えるの!?

こちらに過失がある事故では、保険会社に示談代行してもらえますよね。
はい、示談代行はこちらに一定の過失がある場合だけ可能です。
保険会社の代行制度がある以上、弁護士費用特約は利用できないですよね?
過失がある事故でも、弁護士費用特約は利用できます
弁護士費用特約って、思ったより広く使えますね!!

交通事故の被害者によくありがちな誤解として、「相手の過失が100%でなければ弁護士費用特約を利用できない」というものだ。

たしかに、こちら側に過失が一定割合あれば、相手の損害の一部を負担しなければならない。この負担を避けるために対物・対人賠償保険を利用すると、等級が3ランク下がることは避けられない。

しかし、こちらに過失がある場合でも、相手に対して損害賠償を請求する場合には弁護士費用特約を利用することができる

弁護士費用特約は、過失割合が何割であろうと、相手に対して損害賠償請求する場合の弁護士費用を補償してもらえるという点を理解しておこう。

まとめ表
弁護士費用特約の利用の可否
私0:相手100の事故 全額補償あり
私30:相手70の事故 全損害の7割分の請求のための弁護士費用の補償あり
私70:相手30の事故 全損害の3割分の請求のための弁護士費用の補償あり
私100:相手0の事故 利用不可

このように、弁護士特約の適用範囲はかなり広いので、交通事故の当事者となった場合には、弁護士特約が使えないか保険会社や弁護士に問い合わせてみることをおすすめする。

交通事故の解決を弁護士に任せたい

24時間スマホで無料相談予約するなら

いかがだったでしょうか?

この記事をお読みの方には、「弁護士費用特約を使うと保険の等級がダウンするという噂は本当?」というテーマに関して、理解を深めていただけたのではないでしょうか。

記事に関連して、もっと知りたいことがある方は、本記事を監修したアトム法律事務所が提供するスマホで無料相談がおすすめです。

こちらの弁護士事務所は、交通事故の無料電話相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから電話相談の案内を受けることができるので、使い勝手がいいです。

電話相談・LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

仕事が終わった後や休日にも、交通事故に注力する弁護士に相談できて、便利ですね。

弁護士に無料相談はこちら

LINE相談のご利用方法はこちら(右上バナーからQRコードを表示)

※無料相談の対象は人身事故のみです。
物損事故のご相談はお受けしておりません。

こちらは交通事故専門で示談交渉に強い弁護士が対応してくれるので、頼りになります。

交通事故の後遺症で悩み、適正な金額の補償を受けたい、とお考えの方には、特にオススメです!

地元で無料相談できる弁護士を探すなら

弁護士に会って、直接相談したい方には、こちらの全国弁護士検索のご利用をおすすめします。

当サイトでは、交通事故でお悩みの方に役立つ情報をお届けするため、

①交通事故専門のサイトを設け交通事故解決に注力している

②交通事故の無料相談のサービスを行っている

弁護士を特選して、47都道府県別にまとめています。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

頼りになる弁護士ばかりを紹介しているので、安心してお選びください。

何人かの弁護士と無料相談した上で、相性が良くて頼みやすい弁護士を選ぶ、というのもおすすめの利用法です!

まとめ

いかがでしたか?

この記事では、弁護士費用特約と保険等級についてお届けしました。

当サイト「交通事故弁護士カタログ」は、他にもお役立ちコンテンツが満載です。

下の関連記事で知識をしっかり身につけ、

24時間対応、土日も受付中のスマホで無料相談

日本全国47都道府県の全国弁護士検索

を活用すれば、今抱えていらっしゃるお困りごとが、解決へと一気に動き出します。

困ってからではなく、困る前でも相談できるのが良い弁護士。

あなたのお困りごと、まずは弁護士に相談してみませんか?

この記事の監修弁護士

岡野武志弁護士

アトム法律事務所弁護士法人
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-28 合人社東京永田町ビル9階

第二東京弁護士会所属弁護士。登録番号37890。大阪府生。高校卒業後渡米。ニューヨークから帰国後、司法試験に合格し、アトム東京法律事務所を設立。誰もが突然巻き込まれる可能性がある『交通事故』と『刑事事件』に即座に対応するために、全国体制の弁護士法人を構築。年中無休24時間体制で活動を続けている。

弁護士費用の関連記事

目次に
戻る
TOPに
戻る