交通事故|加害者の保険会社が嫌がることは?保険会社に不満がある方は要チェック

Q1. 交通事故で加害者側の保険会社が嫌がることとは?

交通事故で加害者側の保険会社が嫌がることとして考えられることは、
そんぽADRセンターの利用
訴訟・裁判
弁護士の介入
でしょう。

そんぽADRセンターとは

・交通事故や損害保険に関する相談を受けている
・損害保険会社とのトラブルに関する苦情を受け付けている
・損害保険会社との紛争解決の支援を行っている

そんぽADRセンターに苦情を伝えると、損保ADRセンターから保険会社へ改善の要求が行われます。こうなると保険会社はそんぽADRと被害者の方それぞれに対して対処を行わなければならなくなります。そのため、被害者の方にそんぽADRセンターを利用してほしくないと考える保険会社は多いようです。

また、訴訟を起こされ裁判になると、その分解決までに時間も手間もかかってしまいます。また、裁判となると保険会社側も弁護士を立てることになり、そのための費用が必要になります。こうしたことから、保険会社は裁判を嫌がることが多いです。

そんぽADRセンターを利用したり裁判を起こしたりしなくても、被害者の方が弁護士を立てるということも、加害者側保険会社は嫌がります。弁護士は示談交渉のプロであり、示談交渉では手ごわい相手となるからです。

Q2. 加害者側の保険会社にクレームを入れることは効果的?

加害者側保険会社の担当者の対応や態度に問題がある場合、保険会社にクレームを入れることも効果的ではあります。

クレームを入れる場合は、これまでの経緯ややり取りが分かるメモなどがあると良いでしょう。

ただし、
・必ずしも望んだとおりの対処をしてもらえるとは限らない
感情的にクレームを入れると、保険会社の担当者の代わりに保険会社が契約した弁護士が出てくる場合がある
という点にはご注意ください。

Q3. 加害者側の保険会社に不満があるときにまずすべきことは?

加害者側の保険会社に不満がある場合は、まず弁護士に相談してみることをおすすめします。

弁護士に相談することで、
・この後どういった行動に出ればいいのかアドバイスをもらえる
・被害者の方に変わって加害者側の保険会社とやり取りをしてもらえる
というメリットがあります。

特に加害者側の保険会社とのやり取りを代行してもらえるということは、
・被害者の方のストレスが減る
より被害者側に有利にやり取りをしてもらえる
という点において重要です。

賠償金額を決める示談交渉でも、被害者ご自身が交渉に当たるよりも高額な賠償金を獲得できる可能性が高いです。

アトム法律事務所では、電話やLINEで人身事故に関する無料相談を受け付けています。

軽く話を聞いてみたいという方も気軽に利用することができます。

弁護士に無料相談はこちら

※無料相談の対象は人身事故のみです。
物損事故のご相談はお受けしておりません。

※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

この記事の監修弁護士

岡野武志弁護士

アトム法律事務所弁護士法人
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-28 合人社東京永田町ビル9階

第二東京弁護士会所属。アトム法律事務所は、誰もが突然巻き込まれる可能性がある『交通事故』と『刑事事件』に即座に対応することを使命とする弁護士事務所です。国内主要都市に支部を構える全国体制の弁護士法人、年中無休24時間体制での運営、電話・LINEに対応した無料相談窓口の広さで、迅速な対応を可能としています。

よくあるQ&A

示談の関連記事