遷延性意識障害リハビリ3選!あの専門病院も採用する回復力あるリハビリ

  • 遷延性意識障害,リハビリ

あの専門病院も採用する回復力あるリハビリとは?

遷延性意識障害リハビリって、いろいろなことが言われていて、何が真実か分からないですよね。

情報が多すぎて、整理が難しいと思います…^^;

そこで!

このページでは、ニュースでも取り上げられた入院患者の26%の372人を遷延性意識障害から脱却させたあの専門病床も導入する回復リハビリについてまとめてみました。

まとめ結果も簡単。

あの専門病床が導入するリハビリ方法を3つに厳選してレポートしてます。

この回復事例にもとづいたリハビリで、あなたの親しい人の回復期間が短くなることを願っています^^

遷延性意識障害の慰謝料の部分については、法律問題となるため、テレビや雑誌でおなじみの岡野武志弁護士に解説をお願いしています。

はじめまして、弁護士の岡野です。

普段は勤務する法律事務所で、遷延性意識障害をはじめとする交通事故の後遺障害の慰謝料問題を取り扱っています。

遷延性意識障害の慰謝料請求など、法律的な部分の解説をお手伝いさせていただきます。

よろしくお願いします。

遷延性意識障害のリハビリ方法をめぐっては、さまざまな意見や情報があります。

回復期間や回復率を高める方法としては、すでに実際の成果を出している方法をそのまま採用するのが安心ですよね。

そこで、このページでは、高い確率の回復事例を誇る専門病床が採用するリハビリ方法を特集してみました。

あの専門病院も採用する回復力あるリハビリとは?

あの専門病院も採用する回復力あるリハビリとは?

みなさんは、遷延性意識障害に関するこのニュースをご存知でしょうか?

センターが初めて開設された1984年から今年3月までの入院患者は1415人。
うち26%の372人が機構独自の評価基準で遷延性意識障害を「脱却」したと判定された。
自分で食事や車いすによる移動ができる域まで回復した人は少ないが、家族は「声かけに笑顔を見せたり、握手をしたりといった意思疎通ができるだけで大きな喜びとなる」と話す。

交通事故による遷延性意識障害のリハビリを専門とする療護センターに関するニュースです。

ここで驚きなのが、

26%の372人が遷延性意識障害を「脱却」したと判定された。

という点ですよね。

療護センターが取り入れたリハビリを受けたことで、

  • 声かけに笑顔を見せたり
  • 握手をしたり

といったことができるようになったということです。

26%という数字と合わせて考えると、驚くべき回復事例、回復率といえると思います。

そこでまとめてみました!

あの療護センターも採用する、回復事例にもとづくリハビリ3選です。

まずは…

その①「理学療法」で患者の可能性を引き出す

その①「理学療法」で患者の可能性を引き出す

運動機能が低下してしまった人に対して行われる治療法

まず、療護センターでは、リハビリの方法として「理学療法」を取り入れているようです。

理学療法部門では、骨・関節の状態を評価し、安全に配慮したうえで、間接可動域運動、座位・立位トレーニングなどの様々な運動療法を通して自発的な運動を促し、その患者さんの可能性を引き出すように努めています。

理学療法は、遷延性意識障害にとどまらず、

  • 病気やケガ
  • 高齢
  • 障害

などのために運動機能が低下してしまった人に対して行われる治療法です。

遷延性意識障害だけでなく、病気やケガ、高齢の場合にも行われるリハビリ法なんですね。

この治療法は、運動機能の維持・改善を目的とするもので、具体的には

  • ・運動
  • ・温熱
  • ・水
  • ・光線

などの物理的手段を用いて行われます。

大型の施設でなければ、なかなか準備が難しそうですね。

理学療法士が行う治療

理学療法は、主に理学療法士と呼ばれる専門家たちによって行われます。

私の昔の知り合いにも、理学療法士さんになった人がいました^^

理学療法の定義は、理学療法士に関する法律である「理学療法士及び作業療法士法」の第2条に定められているようです。

この条文は、理学療法について、

身体に障害のある者に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行なわせ、及び電気刺激、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加えること

と定義しています。

難しいですね^^;

よく分からないですが、要は運動機能が低下してしまった人に対して行われる治療法ということです。

理学療法は、患者さんの骨や関節の状態を評価し、安全に十分に配慮したうえで行われます。

  • 間接可動域運動
  • 座位・立位トレーニング

などの様々な運動療法を通して患者さんの自発的な運動を促し、患者さん一人ひとりの可能性を引き出すようになっているのです。

「自発的な運動」という点がポイントになってきそうですね。

理学療法によるリハビリのポイントは?

では、理学療法によるリハビリのポイントは、どんな点にあるのでしょうか。

理学療法では、患者様の筋肉や関節の状態を把握し、異常な筋緊張を改善し関節の変形を防ぎながら、まず、「寝返り」「起き上がり」といった基本動作の獲得を目指します。

理学療法の直接的な目的は、遷延性意識障害を負うことで失った運動機能の回復です。

日常生活活動を改善し、生活の質であるQOLを向上させることが目標になります。

遷延性意識障害の患者さんは、

  • 寝返りをうつ
  • 起き上がる
  • 座る
  • 立つ
  • 歩く

などの動作を、自力で行うことができません。

一人でトイレに行くことも、着替えをすることもできず、食事をとったり外出したりすることもままなりません。

しかし、誰もがこうした動作を人の手を借りずに行いたいと思うのは自然なことですよね。

理学療法による日常生活活動の改善は、QOLの向上にも直接的に繋がります。

理学療法によるリハビリのポイントは、遷延性意識障害を負っても、自分らしく暮らしていきたいと願う患者さん一人ひとりの思いが、大切にされることです。

理学療法士さんの活動に期待したいところです^^

その②「作業療法」で身体機能の維持・向上を促す

その②「作業療法」で身体機能の維持・向上を促す

身体または精神に障害のある患者さんに対して行われる治療法

また、療護センターでは、リハビリの方法として「作業療法」を取り入れているようです。

作業療法部門では、患者さんの状態に応じ、さまざまな作業活動(アクティビティ)を通じて、日常生活を主体的に送れるよう援助すると共に、身体機能の維持・向上を促す治療・指導を行っています。

作業療法とは、遷延性意識障害にとどまらず、身体または精神に障害のある患者さんに対して行われる治療法です。

作業療法では、様々な作業や手工芸を通して、生活のために必要な動作社会適応能力の回復を目指します。

作業療法士による治療

作業療法は、主に作業療法士と呼ばれるスペシャリストたちにより行われます。

作業療法の定義は、作業療法士に関する法律である「理学療法士及び作業療法士法」の第2条に定められています。

この条文は、作業療法について、

身体又は精神に障害のある者に対し、主としてその応用的動作能力又は社会的適応能力の回復を図るため、手芸、工作その他の作業を行なわせること

と定義しています。

作業療法でいう「作業」とは、

  • ・仕事
  • ・日常生活の諸動作
  • ・家事
  • ・遊び

など、人の生活全般にかかわる諸活動のことです。

これらの作業に含まれる様々な動作を使って、生活能力向上のために治療・援助・指導していくのが、作業療法なのです。

非常に頼もしいですね^^

作業療法によるリハビリのポイントは?

では、作業療法によるリハビリのポイントは、どんな点にあるのでしょうか。

理学療法では、患者様の筋肉や関節の状態を把握し、異常な筋緊張を改善し関節の変形を防ぎながら、まず、「寝返り」「起き上がり」といった基本動作の獲得を目指します。

作業療法によるリハビリのポイントは、患者さんごとの個別の状況に応じて、様々な作業活動が提供されることです。

個別の状況という点がポイントになってきます。

作業療法では、遷延性意識障害を負ってしまった患者さんが、主体的に日常生活を送れるようサポートを受けることができます。

また、これに加えて、身体機能の維持・向上を促す治療や指導も行われることになります。

身体機能とは、つまり、

  • 食事
  • 身支度排泄
  • 入浴

といった生活に必要な諸動作のことです。

また、

  • 遊び
  • ゲーム
  • 音楽活動

などを通して、対人関係、役割遂行能力、表現能力、協調性、社会性の向上を目指していきます。

ということは、作業療法が成功すれば、

  • 対人関係がスムーズになる
  • 役割を認識しスマートに行動できる
  • 表現が豊かになる
  • 人との協力や協働がスムーズになる

ということですよね。

これは嬉しいです。

作業療法では、遷延性意識障害で苦しむ患者さんやご家族の意思を尊重して、各人に合った、身体機能向上のための作業が提供されているようです。

その③「言語聴覚療法」で摂食にチャレンジする

その③「言語聴覚療法」で摂食にチャレンジする

話す、聞くなどの機能に障害を持つ患者さんに対して行われる治療法

さらに、療護センターでは、リハビリの方法として「言語聴覚療法」を取り入れているようです。

言語聴覚療法部門では、主に言語障害や摂食・嚥下障害、高次脳機能障害等に対して、検査、評価、リハビリテーションを行っています。

言語聴覚療法とは、遷延性意識障害にとどまらず、話す聞くなどの機能に障害を持つ患者さんに対して行われる治療法です。

言語聴覚機能という名前ですが、食べたり飲み込んだりする嚥下(えんげ)機能の障害も、この治療法の対象とされています。

  • 話す
  • 聞く
  • 飲み込む

どれも日常生活に欠かすことのできない動作ですよね。

言語聴覚療法によってこれらの機能を取り戻すことができれば、日常生活がかなり豊かになりそうです。

言語聴覚士による治療

言語聴覚療法は、主に専門家である言語聴覚士により行われます。

ご存知でしたか?言語聴覚士さん。

このような仕事にも取り組んでいるのですね。

具体的には、発音や発声の機能の獲得や、言語をつかさどる脳の機能の獲得を目指したリハビリが行われます。

  • 発音や発声の機能
  • 言語をつかさどる脳の機能

これらを取り戻すことができれば、日常生活は見違えるようになると思います。

言語聴覚士による治療に期待したいところですよね。

言語聴覚療法によるリハビリのポイントは?

では、言語聴覚療法によるリハビリのポイントは、どんな点にあるのでしょうか。

言語聴覚療法では、飲み込みのリハビリ「嚥下(えんげ)リハビリ」に力を入れています。食べられるようになると随意行為も増え意識障害も回復してきます。

言語聴覚療法では、検査を通して各患者さんの現状を把握し、患者さん一人ひとりの状態に合わせたリハビリが施されます。

一人ひとりの状態に合わせたリハビリですので、患者さんの個性が重視されることになります。

遷延性意識障害の患者さんは、自力で食事することができず、自力で話すこともできません。

これはなかなかつらいと思います^^;

そこで、言語聴覚療法を通して、看護師などのサポートを受けながら摂食や発話にチャレンジすることになります。

一人一人の状態に合わせたサポートですので、安心ですよね^^

遷延性意識障害を負ってしまっても、言語聴覚療法を通して、日常生活を円滑に送れるよう目指していくことが可能になるのです。

特に、

  • ごはんを食べたり
  • 会話を楽しんだり

できるようになれば、ひとまずは最低限、人生を楽しめることになりそうです。

高い確率の回復事例、遷延性意識障害の専門病床とは…

高い確率の回復事例、遷延性意識障害の専門病床とは…

遷延性意識障害の専門病床として、自動車事故対策機構が運営する療護センターがあることは有名ですよね。

療護センターは、宮城、千葉、岐阜、岡山の4県で運営されている、遷延性意識障害の治療・回復・リハビリの専門病床です。

(療護センターの一覧)

住所 電話 病床数
千葉療護センター 千葉県千葉市美浜区磯辺3-30-1 043-277-0061 80床
東北療護センター 仙台市太白区
長町南4-20-6
022-247-1171 50床
岡山療護センター 岡山市北区西古松2-8-35 086-244-7041 50床
中部療護センター 岐阜県美濃加茂市
古井町下古井630
0574-24-2233 50床

この療護センターは、1984年の開設依頼、2017年3月までに1415人の入院患者を受け入れてきたのですが…

そこでの回復の成果がすごいんです!

最近、ニュースになったことでも有名ですよね。

センターが初めて開設された1984年から今年3月までの入院患者は1415人。
うち26%の372人が機構独自の評価基準で遷延性意識障害を「脱却」したと判定された。
自分で食事や車いすによる移動ができる域まで回復した人は少ないが、家族は「声かけに笑顔を見せたり、握手をしたりといった意思疎通ができるだけで大きな喜びとなる」と話す。

どうですか。

驚きの回復事例ですよね。

1984年の開設依頼、30年ちょっとで入院患者の数は1415人

そのうち、26%372人遷延性意識障害を脱却したと判定されたそうです。

  • 自分で食事ができる
  • 自分で車椅子で移動ができる

という程度まで回復するのは難しかったようですが、

  • 声かけに笑顔を見せる
  • 声かけに応じて握手できる

などでも、看護やリハビリに努めてきた家族としては大きな喜びになりますよね。

このページでは、この療護センターが採用するリハビリ方法を特集したいと思います。

遷延性意識障害の症状が固定したら…慰謝料を請求しよう

遷延性意識障害の症状が固定したら…慰謝料を請求しよう

遷延性意識障害の慰謝料の計算方法と相場は?

相手の不注意による交通事故やスポーツ事故で遷延性意識障害になってしまった場合は、慰謝料の請求が可能です。

相手の事故が不法行為となるため、民法709条によって損害賠償を請求することができるのです。

ところで、遷延性意識障害の慰謝料って、どのように計算されるのでしょうか?

また、その慰謝料の相場は?

普通の人にはなかなか想像ができない世界ですよね。

遷延性意識障害を発症してしまった場合、基準となる後遺障害等級認定は、最も重い1級になります。

損害賠償請求においては、労働能力を100%喪失したものとして、高額の損害賠償請求をすることができます。

損害賠償請求できる範囲としては、

  • 裁判の時までにかかった治療費
  • 入院雑費
  • 将来の治療費や雑費
  • 事故をしなければ得られたはずの利益(収入など)
  • 慰謝料

などが含まれます。

裁判的には、労働能力を100%喪失したものと扱われるのですね。

最も重たい1級になるという点も、はじめて知りました。

遷延性意識障害の慰謝料を請求するにあたっては、何か注意点はありますか?

慰謝料の請求は、保険会社任せにせず、自分で問題意識をもって取り組むことが大切です。

弁護士に依頼するなどして請求すれば、金額が大幅に増額するケースも多いからです。

大幅に増額!?

ですか…

保険会社が提示する金額と、弁護士が請求する金額で違いが出るのはなぜなんでしょうか?

同じ事故なのに慰謝料の金額に違いが出るのがよく分からないです…

それは慰謝料を計算する際に用いる基準が、保険会社と裁判所・弁護士とで異なるからです。

保険会社の計算方法だと、遷延性意識障害の慰謝料は安く計算されるケースがほとんどです。

弁護士が示談交渉を代理し、保険会社に請求する際は、裁判所が採用する基準と同じ基準で請求することになります。

そのため、慰謝料の金額が保険会社の提示よりも高く計算されることになるのです。

弁護士や裁判所など司法が採用する基準の方が、慰謝料が高く計算されるんですね。

もし今、まさに保険会社と示談交渉中という方は、こちらのページが参考になるかもしれません。

損しないために一読しておきたいところですよね。

また、遷延性意識障害の慰謝料問題について、こちらで特集が組まれているようです。

遷延性意識障害の基礎知識や、慰謝料を請求する時の注意点等が紹介されているので、慰謝料問題がまだ解決していない方はどうぞ。

3億円以上が認定された遷延性意識障害の判例3選

交通事故で遷延性意識障害を負った場合の慰謝料について、よく考えずに保険会社と示談を締結してしまうケースが散見されます。

しかし、ちょっと待ってください。

十分かつ正当な保険金の受け取りは、将来の付き添い看護の観点からも非常に重要です。

交通事故の保険金(慰謝料)は、しっかりと裁判を前提に請求すれば増額するケースも多いといいます。

ここでは、3億円以上の損害賠償総額が認められた判例を3つ紹介したいと思います。

①総損害額3億7829万1792円のケース

平成23年2月18日に名古屋地方裁判所民事3部で判決された平成21年(ワ)第76号事件です。

交通事故民事裁判例集44巻1号230ページに収録されています。

このケースでは、急性硬膜下血腫、頭部外傷後遷延性意識障害および四肢体幹運動障害等の被害が認定されました。

将来付添看護費が1億5903万8917円と認められたため、総損害額も高額になりました。

逸失利益も1億1455万8209円と認定されました。

被害者が将来有望な若者であった点が考慮されています。

(事故概要まとめ)

被害者 大学生(20歳男)
事故態様 被害者がふざけてボンネット上に伏臥している状態で、車両を発進させ、ボンネット上から転落させた
被害態様 頭部外傷後遷延性意識障害など
総損害額 3億7829万1792円

②総損害額3億2975万9084円のケース

平成19年1月31日に大阪地方裁判所で判決された平成16年(ワ)第1808号事件です。

交通事故民事裁判例集40巻1号143ページに収録されています。

このケースでは、遷延性意識障害、脳挫傷の被害が認定されました。

後遺障害等級は1級3号と認定されました。

裁判では症状固定時に争いがあり、判決で裁判所によって認定されました。

将来の付き添い看護費は1億0977万5575円、本人が失った逸失利益は7625万1948円と認定されました。

傷害慰謝料は700万円、後遺障害慰謝料は2800万円、両親固有の慰謝料各400万円でした。

(事故概要まとめ)

被害者 高校3年生(女)
事故態様 信号点滅状態の交差点で自動車と自動車が衝突
被害態様 遷延性意識障害、脳挫傷
総損害額 3億2975万9084円

③総損害額3億2392万9539円のケース

平成18年9月27日に千葉地方裁判所佐倉支部で判決された平成16年(ワ)第31号事件です。

判例時報1967号108ページに掲載されています。

このケースでは、四肢麻痺・四肢関節拘縮・遷延性意識障害などの被害が認定されました。

後遺障害等級は、「神経系統の機能または精神に著しい障害を残し、常に介護を要する」として1級3号と認定されました。

将来の付き添い看護費は1億3441万1340円、本人が失った逸失利益は7244万1811円と認定されました。

(事故概要まとめ)

被害者 郵便局アルバイト(37歳男)
事故態様 路上駐車車両を追い越そうとした際に対向車線上に立っていた歩行者と衝突
被害態様 四肢麻痺・遷延性意識障害など
総損害額 3億2392万9539円

いかがでしたでしょうか?

遷延性意識障害の慰謝料、思っていたよりも高額ですよね。

将来の看護や介護を考えて、十分かつ正当な金額を請求したいところですよね。

遷延性意識障害の慰謝料問題を弁護士に無料相談するなら

遷延性意識障害の慰謝料問題を弁護士に無料相談するなら

お手元のスマホで弁護士に無料相談できる窓口

ご家族の介護や普段の生活が忙しいですよね。

そこで、お手元のスマホで手軽に弁護士に無料相談できるサービスを特集してみました。

弁護士に無料相談はこちら

※無料相談の対象は人身事故のみです。
物損事故のご相談はお受けしておりません。

※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

こちらの弁護士事務所は、交通事故の無料電話相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから電話相談の案内を受けることができるので、使い勝手がいいです。

電話相談・LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

仕事が終わった後や休日にも、交通事故に注力する弁護士に相談できて、便利ですね。

地元の弁護士に直接会って相談したい方はこちら

弁護士に直接会って相談したいという方は、こちらが便利です。

お住まいの都道府県を選んで、タップしてください。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

交通事故の被害者救済に関する専門サイトを有する弁護士を厳選しています。

ほぼすべての事務所で、無料相談に対応していると思います。

お近くの便利な事務所を選んでみてください。

最後に一言アドバイス

それでは最後に一言。

遷延性意識障害の慰謝料問題についてのアドバイスをお願いします。

遷延性意識障害の慰謝料問題は、早めに相談することが望ましいです。

早めに相談すれば、回収可能な慰謝料の見込みを知ることができ、今後の人生の計画を立てやすくなります。

ただでさえ大変な時期だと思います。

だからこそ、安易に保険会社との示談にサインをせずに、正当かつ十分な賠償金を受け取って欲しいと思います。

ご家族の介護で忙しい方は、電話相談窓口などを利用するのが便利かもしれません。

弊所でも人身事故の相談受付は24時間体制で対応しているので、一度お気軽にご相談ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

遷延性意識障害の回復事例を多数生み出した専門病床が導入するリハビリを特集しました。

いろいろな悩みがあるかもしれませんが、一人で悩みを抱え込まず、行政やボランティア団体、弁護士の相談窓口を利用してみてください。

弁護士の無料相談は、スマホで無料相談全国弁護士検索が便利です。

他にも遷延性意識障害に関連する記事を読みたい方は、この下の関連記事の項目にお進みください。

それでは、皆さまの悩み事や困り事が無事に解決することを切に願っています。

この記事の監修弁護士

岡野武志弁護士

アトム法律事務所弁護士法人
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-28 合人社東京永田町ビル9階

第二東京弁護士会所属。アトム法律事務所は、誰もが突然巻き込まれる可能性がある『交通事故』と『刑事事件』に即座に対応することを使命とする弁護士事務所です。国内主要都市に支部を構える全国体制の弁護士法人、年中無休24時間体制での運営、電話・LINEに対応した無料相談窓口の広さで、迅速な対応を可能としています。

遷延性意識障害の関連記事