【加害者】交通事故で裁判所から呼び出し状がくる可能性は?無視するとどうなる?

  • 交通事故,裁判所,呼び出し
  • 70|9116文字

弁護士事務所の掲載順と弁護士の力量とは無関係です。相性を考慮して、ご自身に合った弁護士をお探しください。

【加害者】交通事故で裁判所から呼び出し状がくる可能性は?無視するとどうなる?

ご自身や身近な方が交通事故の加害者になってしまったら…

裁判所から呼び出し状がくる?

といった点が非常に気になると思います。

他にも、

どんなケースで呼び出し状が来る?

交通事故で呼び出されたらどうすればいい?

呼び出しを無視するとどうなる?

など、疑問がたくさん浮かびますよね。

今回は、「交通事故と裁判所からの呼び出し」をテーマにお送りします。

詳しい解説は弁護士の先生にお願いします。

回答者:アトム法律事務所の岡野弁護士

ご自身や身近な方が交通事故の加害者になってしまったら、動揺されると思います。

裁判所や捜査機関から呼び出しがくるとさらに不安が募りますよね。

今回は裁判所や捜査機関からの呼び出しについてくわしく解説していきます。

岡野武志弁護士
交通事故と刑事事件を専門とするアトム法律事務所の代表弁護士。

交通事故と裁判所|交通事故で裁判所から呼び出し状がくることはある?

交通事故と裁判所|交通事故で裁判所から呼び出し状がくることはある?

交通事故を起こすと裁判所から呼び出し状がくるのではないか…

など、漠然とした不安を抱えるかもしれません。

突然、裁判所から交通事故に関して呼び出し状が届き、出頭しなければならない…なんてことは起こるのでしょうか。

裁判所から呼び出し状がくることはある?

裁判所から呼び出されるのはどんな時?

裁判所からの呼び出しを無視するとどうなる?

など、交通事故と裁判所の呼び出しの関係についてくわしくみていきます。

交通事故で裁判所から呼び出し通知として「呼び出し状」がくる!

交通事故を起こしてしまうと、

「裁判所から呼び出し状が送られてくるのではないか…」

と不安になる方も多いと思います。

重大な交通事故を起こした場合、裁判所から呼び出し通知として、

呼び出し状

が届きます。

ツイッターではこんなつぶやきもありました。

実際に、交通事故を起こして出頭命令を受けている人もいるようです。

回答者:アトム法律事務所の岡野弁護士

交通事故で、裁判所から呼び出し状がくるのは、

民事調停が行われる場合

民事裁判が行われる場合

刑事裁判が行われる場合

です。

民事裁判は、裁判所からの呼び出し(出頭命令)に応じなかった場合、裁判は終了してしまいます。

例えば、民事裁判であれば、相手方の請求内容がそのまま認められることになる点には注意が必要です。

上記の3つのケースについてくわしくみていきましょう。

裁判所から呼び出し状がくる場合3パターン

そして、交通事故の民事上の問題について、裁判所を利用する方法には、まず訴状を提出して民事裁判を起こすというものがあります。

もっとも、交通事故の民事上の問題について、裁判所を利用する方法には、調停を申し立てるという方法もあります。

調停の定義としては、以下のものになります。

調停

民事上の問題について第三者が当事者間を仲介し、その問題の解決を図ること。

このように、交通事故で裁判所を被害者が利用する方法には、民事裁判と民事調停という二種類があります。

続いては、民事裁判と民事調停それぞれの流れや利用するときの注意点についてお伝えしたいと思います。

交通事故の民事上の問題について、裁判所から呼び出し状がくるのは、以下の2パターンです。

民事裁判

民事調停

さらに刑事上の問題についても裁判所から通知が来る場合があります。

起訴状の写し

刑事裁判の日程の通知

事件が起訴されてしまうと裁判所から起訴状の写しが送られてくる場合があります。

それぞれを詳しくみていきましょう。

①民事調停

被害者がいる交通事故では、民事調停が行われる場合があります。

(略)私人が対等の地位において営む生活関係から生ずる紛争、利害の衝突について行う調停(略)

交通事故の民事調停は、当該交通事故について民事上の問題について第三者が当事者間を仲介し、その問題の解決を図ることをいいます。

「民事調停」と「民事裁判」ではどういった違いがあるのでしょうか。

回答者:アトム法律事務所の岡野弁護士

民事調停では、裁判所からの呼び出し(出頭命令)の通知を無視した場合の効果に、裁判との違いがあります。

民事裁判は呼び出しを無視すれば、相手方の主張が認められてしまいます。

調停では、裁判所からの呼び出し(出頭命令)の通知を無視しても、申立人の主張がそのまま認められることにはなりません。

通知を無視し続けた場合、話し合いの意思がないものとして、調停の手続きは終了することになる場合が多いです。

法律上、出頭命令に正当な理由なく応じない場合は、「5万円以下の過料に処する」とされています。

実務上は、民事調停を理由なく欠席したとしても、過料に処せられることはほぼないようです。

以下の記事に民事調停の流れがくわしく記載されています。

被害者向けの記事ですが、参考になりますので気になる方はご覧ください。

②民事裁判

次は、民事裁判についてみていきましょう。

交通事故の民事上の問題は、いきなり裁判所で争われるケースはあまりありません。

通常、交通事故の民事上の問題は、まず示談交渉が行われ、示談により解決するケースが多いです。

「示談」の意味をご存知ですか?

確認しておきましょう。

示談:民事上の争いごとについて、裁判ではなく当事者間の話し合いによって解決すること。

交通事故の民事上の問題について、当事者間ではまとまらない場合があります。

当事者間で示談で解決できない場合に、裁判所で民事裁判として争われることになります。

回答者:アトム法律事務所の岡野弁護士

人身事故などで、被害者から交通事故の民事裁判の訴状が管轄のある裁判所に提出される場合があります。

すると、裁判所から、訴状の被告に対して呼び出し(出頭命令)の通知が送られてきます。

この呼び出しは特別送達という方法により行われます。

裁判所からの呼び出しの通知を無視していると、相手方の請求がそのまま認められてしまうので、注意しましょう。

民事裁判については、以下の記事が非常に参考になりますので合わせてご覧ください。

③刑事裁判の公判について

重大な交通事故を起こした場合、刑事事件化し、逮捕されるケースがあります。

しかし、事故を起こしても、逮捕されない場合もあります。

明確な基準があるわけではありませんが、以下のような場合は在宅事件として捜査されることがあります。

交通事故で逮捕されないケース
✔事故態様や過失内容に争いがない
✔事故直後の実況見分で正確な事実関係が把握されている
✔家族が身元引受人として迎えに来た

以上のようなケースでは、逮捕されずにそのまま釈放されることもあります。

在宅事件とは、逮捕されず、自宅から警察などに通って取り調べなどを受ける事件です。

まずは、逮捕される場合とされない場合の刑事事件の流れを簡単に確認してみましょう。

ご覧の通り、事件が不起訴になると事件は終了となります。

しかし、事件が起訴されてしまうと刑事裁判を受けることになります。

起訴とは、検察官が捜査をした結果、被疑者が間違いなく犯罪を起こしたと認められ、刑事処分が必要であると判断した場合に行われます。

刑事裁判は、裁判所に裁判を行って刑罰を与えるよう求める手続です。

起訴されることによって、これまで「被疑者(犯人と疑われている人)」という立場であった人が、「被告人(起訴された人)」と、その立場が変わります。

回答者:アトム法律事務所の岡野弁護士

検察官が捜査を行って法廷での裁判が必要と考えた場合は、裁判を行うことを求める「起訴状」を裁判所に提出します。

裁判所は、検察官から起訴があったら、この起訴状の謄本を被告人に送達します。

検察官は、事前に公判請求することについて被告人に説明する義務はありません。

何も言われていない場合には、裁判所から起訴状の写しが届くことで自分が起訴されたことを知ることになります。

よって、刑事上の問題で裁判所から連絡がくるのは、

起訴されたとき

刑事裁判の日程が決定したとき

と考えられます。

在宅事件では、定められた日に裁判所に行って裁判を受けることになります。

呼び出しの通知が来たらどうする?呼び出しに応じる前にできることは?

交通事故への対処は早ければ早いほど良いです。

交通事故を起こしてから刑事処分が決まるまでの期間はおよそ半年のケースが多いです。

この期間内に十分な弁護活動を尽くす必要があります。

また、時間が経過するほど、被害者の処罰感情が悪化するケースが多いです。

謝罪や賠償、示談の話し合いは早い段階から丁寧に進めていく必要があります。

回答者:アトム法律事務所の岡野弁護士

弁護士に相談するのは早い方がいいことは間違いありません。

起訴後よりも起訴前、検察庁呼出し後よりも呼出し前にご相談されることをお勧めします。

そのほうが、私たち弁護士としても、より効果的で実効性のある解決策をご提案しやすいからです。

交通事故を起こした後は、速やかに弁護士に相談するとよいでしょう。

検察庁に呼び出しされた際にも気を付けるべき点が多くあります。

以下の記事が参考になりますので合わせてごらんください。

裁判所からの呼び出し状を無視すると…

裁判所からの出頭命令を無視してしまうとどうなるのでしょうか。

裁判所に呼び出されると非常に不安になります。

無視してしまいたい気持ちもわかりますが、仮に無視してしまうとどうなるのでしょうか。

回答者:アトム法律事務所の岡野弁護士

先ほど確認したように、民事裁判の場合、裁判所からの呼び出しの通知を無視していると、相手方の請求がそのまま認められてしまいます。

裁判所からの呼び出し状を無視してしまうと多大な不利益を被る可能性があります。

裁判所から呼び出された場合は、応じるようにしましょう。

また、刑事裁判でも裁判所からの出頭命令を無視すると深刻な問題になります。

嘘の収支報告書を兵庫県議会に提出し、政務活動費(政活費)約913万円をだまし取ったとして詐欺と虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われ、昨年11月の初公判を欠席した元県議、(略)について、神戸地裁が強制的に出廷させる勾引状を発付したことが22日、分かった。自ら出廷しない場合、裁判当日かそれまでに警察や検察が(略)被告を連れ出すことになる。(略)

上記のニュースのように刑事裁判の出頭命令を無視すると裁判所から「勾引状」が発付されます。

病気などで出頭できない場合には、医者の診断書等を添えて前もって裁判所に連絡しましょう。

裁判所は期日を変更するなどして、訴訟関係人等に迷惑をかけることのないよう配慮することができます。

交通事故と検察庁|交通事故で呼び出し状がくるのは検察庁から

交通事故と検察庁|交通事故で呼び出し状がくるのは検察庁から

交通事故で呼び出し状がくる場合とは?

交通事故を起こした際に、裁判所から、呼び出し状が送られてきます。

また、検察庁からも呼び出し状が届くことがあります。

検察庁から呼び出しの連絡がくるのは郵送だけではありません。

電話で呼び出しが伝えられる

呼び出し状が郵送でとどく

いずれかの方法で検察庁から呼び出されることになります。

では、検察庁から呼び出し状が届く場合というのはどういったケースでしょうか。

くわしくみていきましょう。

① 取り調べのための呼び出し

警察の取り調べからさらに追加の取り調べを検察がおこなう必要があったときに呼び出しを受けるケースがあります。

警察官の取り調べをふまえて、検察官が取り調べをおこないます。

検察官は、警察とはまた別の違った角度から事件をみることができます。

検察官は起訴・不起訴を決定する役割を唯一もっています。

検察官は真に起訴する事件か、不起訴にする事件かを取り調べをとおして判断します。

刑事事件の被疑者にとっては、同じことを何度も聞かれることにはなります。

ですが、検察官の取り調べは適正な判断がくだされるためには必要なことです。

② 略式罰金の承諾書にサインさせるための呼び出し

「略式罰金」は略式手続という簡易な裁判手続において裁判所から言い渡されるものです。

被疑者の異議がないことを前提に、罰金刑を受ける手続きをいいます。

略式手続は、検察官が起訴と同時に略式命令の発付を求めた場合に行われます。

略式手続きは、被告人の公開裁判を受ける権利が放棄される手続ですから、非公開で行われます。

被疑者が予め検察官から説明を受け、略式手続によることについて異議がない旨を書面で明らかにする必要があります。

略式手続は通常1日で終わり、その日のうちに略式罰金を言い渡され、罰金を納めることになります。

回答者:アトム法律事務所の岡野弁護士

略式請求の場合は、起訴される前の検察官の取調べの際、略式手続がどのような手続かを説明されます。

さらに、その場で「その手続を行うことに同意する」という書面にサインを求められます。

サインをすると、検察官はこの同意した書面と一緒に「起訴状」を裁判所に提出します。

裁判所は、検察官から送られた記録を検討し、罰金を納めるよう命ずる命令を出します。

略式手続の際は、公判請求の場合と違って、略式命令が出される前に、裁判所から予め起訴状の写しが送られてくることはありません。

検察官がどのような起訴状を提出したのかは、裁判所が略式命令を送ってきたときに一緒についてきますので、これによって知ることとなります。

検察庁からの呼び出し状を無視するとどうなる?

交通事故を起こすと検察庁から呼び出し状が届くことがあります。

突然、検察庁から呼び出し状が届くと不安な気持ちになると思います。

しかし、警察からの呼び出しに強制力は無いので、無視するか従うかは任意です。

ただし、自分に疑いがかけられている場合に呼び出しを断ると、逃亡の恐れありとして逮捕されてしまうリスクがあります。

回答者:アトム法律事務所の岡野弁護士

被疑者として、出頭を求められている場合は慎重な対処が必要となります。

呼び出しを無視していると、逃亡や証拠隠滅の恐れありとして逮捕されてしまうケースもあります。

検察庁から呼び出しを受けた場合、検察官からの取り調べを受けることになります。

検察庁から呼び出しをうければ、今後は検察官による取り調べがすすめられていきます。

警察から受け取った事件に関する資料をもとに、

不起訴とするか

起訴するか

起訴するならどのような方式で行うか

といった、刑事処分についての最終方針を決定します。

呼び出し状が届いたその後の対応は?

先ほどの章で確認したように、呼び出し状で検察庁に呼び出された後は取り調べが行われます。

取り調べは、密室である警察署の取調室で行われます。

味方がいない環境で一人取り調べを受けなければならない状況は、大きな精神的負担となります。

そんなときに、弁護士に相談していれば心強い味方となります。

回答者:アトム法律事務所の岡野弁護士

交通事故の刑事責任に関しては、刑事事件に注力している弁護士に相談しましょう。

弁護士にご相談頂くことで、捜査の状況を判断し、どのような取り調べがされるのか見通しを立てることができます。

弁護士から適切なアドバイスを受けることにより、取り調べに余裕を持って挑むことができます。

呼び出し状が届くと、パニックに陥り冷静な判断ができないかもしれません。

事前に弁護士に相談することで、取り調べに応じる不安も軽減されます。

【弁護士無料相談】交通事故で「不起訴」を獲得するには…

【弁護士無料相談】交通事故で「不起訴」を獲得するには...

交通事故でも刑事責任を問われ、刑事裁判が行われる場合があります。

刑事裁判で有罪になってしまうと、前科がついてしまいます。

前科が付くと、就職や結婚など人生のターニングポイントに影響を及ぼします。

みなさんにできることは、事件後速やかに弁護士に相談することです。

弁護士に弁護活動を依頼し、不起訴を獲得すれば前科を回避することが可能です。

こちらでは、便利な弁護士への相談窓口や弁護士の検索窓口をご紹介します。

【無料相談窓口】交通事故で刑事責任を問われている…

もし、重大な交通事故を起こし刑事責任を問われることになったら…

パニックになって、自分がこれからどうすればいいか分からなくなるかもしれません。

その際はこちらの弁護士無料相談窓口を利用してみましょう。

いつでも相談予約がとれる電話予約窓口

スマホで気軽に相談できるLINE・Facebook無料相談窓口

みなさんの都合にあわせてご利用いただけます。

弁護士に無料相談はこちら

LINE相談のご利用方法はこちら(右上バナーからQRコードを表示)

※無料相談の対象は人身事故のみです。
物損事故のご相談はお受けしておりません。

こちらの窓口からなら思い立った時にすぐに相談することが可能です。

電話予約窓口は24時間有人対応で対面相談予約がとれます。

LINE・Facebook無料相談はちょっとしたすき間の時間で相談を送信することが可能です。

思い立ったらすぐに行動しましょう。

【全国弁護士検索】交通事故で頼れる弁護士を探したい

交通事故において弁護士は非常に重要な役割を果たします。

「交通事故を弁護士に依頼したい…」

と思った際、自力で弁護士を探し出すのはなかなか難しいですよね。

交通事故の刑事責任については、刑事事件を取り扱う弁護士に相談しましょう。

以下に、刑事事件に注力している弁護士事務所を地域ごとに集めました。

各弁護士事務所ごとで、取り扱う事件が異なることがあります。

複数の事務所に問い合わせ、ご相談いただくことでご自身にぴったりの弁護士が見つかります。

まずは、上記の検索窓口からご自身に合いそうな弁護士を検索してみましょう。

最後に一言アドバイス

今回は、「交通事故と裁判所からの呼び出し」についてお伝えしました。

民事調停、民事裁判、刑事裁判など様々なことがわかりましたね。

また、それぞれについて適切な対応が必要なこともわかりました。

回答者:アトム法律事務所の岡野弁護士

交通事故の加害者になると、

民事責任

刑事責任

行政責任

を負います。

ご自身やご家族だけで対応するのは困難です。

事前に弁護士に相談しておくことで、裁判所からの急な呼び出しにも落ち着いて対応することができます。

交通事故の加害者になってしまったらまずは弁護士にご相談ください。

まとめ

人身事故などの交通事故を起こした場合、刑事事件化する場合もあります。

刑事事件としてトラブルが進行すると思わぬ重大な結果を及ぼすこともあります、

弁護士に相談すれば、重大な結果を回避できる可能性が大幅にアップします。

先ほどご紹介した、スマホで無料相談を利用して、事件後速やかに弁護士に相談しましょう。

また、「全国弁護士検索」を利用すれば頼れる弁護士が見つかる可能性がアップします。

ご自身やご家族が交通事故の加害者になってしまったらまずは弁護士に相談しましょう。

加害者の関連記事

目次に
戻る
TOPに
戻る